マリナー/アカデミー室内管の86番

今日は散々迷ったあげくに、大御所マリナー。

MarrinerParis.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

サー・ネヴィル・マリナー(Sir Neville Marriner)指揮のアカデミー室内管弦楽団(Academy of St Martin in the Fields)の演奏で、ハイドンの交響曲82番から87番までの6曲、所謂パリセットを収めた2枚組のアルバム。今日はこの中から好きな交響曲86番を取りあげます。86番の収録は1981年3月、ロンドンとだけ記されています。レーベルは今は亡き蘭PHILIPS。

マリナーのハイドンはずいぶん取りあげていますが、意外と交響曲を取りあげるのははじめての事。

2011/08/10 : ハイドン–声楽曲 : 【お盆特番1】マリナー/ドレスデン・シュターツカペレのネルソンミサ
2011/04/24 : ハイドン–協奏曲 : バリー・タックウェル/マリナーのホルン協奏曲
2011/03/03 : ハイドン–協奏曲 : ハーデンベルガー、マリナー/ASMFのトランペット協奏曲
2011/02/27 : ハイドン–オラトリオ : フィッシャー=ディースカウフル登場、マリナー/ASMFの天地創造-2
2011/02/27 : ハイドン–オラトリオ : フィッシャー=ディースカウフル登場、マリナー/ASMFの天地創造
2010/12/06 : ハイドン–声楽曲 : マリナー/ドレスデン・シュターツカペレの戦時のミサ
2010/10/14 : ハイドン以外のレビュー : ホリガーのモーツァルトのオーボエ協奏曲
2010/10/03 : ハイドン–協奏曲 : リン・ハレルのチェロ協奏曲集

今日取り上げるアカデミー室内管とは協奏曲の伴奏などいい演奏が多いのですが、なんといっても素晴らしいのがドレスデン・シュターツカペレとのミサ曲。分厚いオケとコーラスが怒濤の迫力で攻めて来る素晴らしい演奏。このミサ曲でマリナーのハイドンの素晴らしさを知ったというのが正直なところ。

マリナーの交響曲は同じくPHILIPSから名前つき交響曲集がリリースされており、こちらもオススメのいいアルバムですが、10枚組と枚数が多いことから、なかなか取りあげるタイミングがなく、ここまで来てしまいました。その他にこのパリセットがありますが、この2枚組は廉価盤ながら、マリナーの良さがよく出ているオススメ盤です。

Hob.I:86 / Symphony No.86 [D] (1786)
このパリセットの特徴は速めのテンポによる現代楽器のオーソドックスな演奏である事。速めのテンポというだけでなく、小気味好い痛快さを伴うところがハイドンの真髄を捉えた見事な演奏です。
1楽章はまさに練る事もなく、序奏から速めのテンポでグイグイ行きます。主題に入ってからのテンポはまさに快速。リズムの躍動を音符にしたようなこの曲の、まさに真髄をつくような演奏。リズミカルはずむ低音弦とさりげなくキレの良いヴァイオリンの織りなす素晴らしい推進力。まさに快刀乱麻の勢い。必要十分なキレ。力が抜けてるのにキレまくった秀演。1楽章だけで感極まります。PHILIPSらしく空気感と実体感の両立した録音。
2楽章のラルゴは、一転してさりげなく、そしてしなやかさを追求した演奏。この柔らかさはなかなかなもの。なだらかな草原を散歩するような穏やかな気持ちになるラルゴ。
メヌエットは柔らかな表情のまま、少し力感が増して、肌合いが同じなのにすこし筋肉質になったような演奏。ポイントは非常にきめ細やかな肌合いの方でしょう。丹念なフレージングと絶妙の力加減から生まれる、コントロールされた力感。テンポ感は相変わらずキレのいいもの。重いメヌエットは好みませんので、まさに理想的なもの。
そしてフィナーレは、予想よりも少し落ち着いたもの。メヌエットのきめ細やかな肌合いの余韻の残る中、フルスロットルにはならずに、八分の力でキレよく進めます。ここまで磨きこまれたフィナーレも珍しいもの。それだけの余裕があります。流石マリナーと唸るばかり。最後まで余裕溢れるダンディズム。ブラヴォー。

久々に聴いたマリナーの交響曲。パリセットの小気味良い曲想を理想的に磨き込んだ秀演です。オケのテクニックと緻密なアンサンブルが非常に魅力的な演奏。一聴してオーソドックスな演奏ですが、良く聴くと非常に緻密さを感じる演奏。ただし緻密に表現された自然さという感じで、それが醸し出す余裕が演奏の質を物語ってます。レビューのために何度かかけ直したのですが、聴く度に魅力が増していくようでした。評価は[+++++]とします。以前より一つアップしました。

さて、以前から地道に登録してきた、Brilliant Classicsのスコットランド歌曲集、全18枚の所有盤リストへの登録が一応完了しました。実に地道な作業でしたが、ちょっと達成感もあります(笑)

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲86番

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは michaelです。
マリナー盤のパリ・セットは聴き逃していましたね、いつでも買えると思っていたら「入荷待ち」だそうで、入手できればぜひ聴きたいです。
マリナーは演奏史に新しい方向をつけ、ハイドンの真価を最初に聴かせてくれた人だと思います。「太鼓連打」ってこんなに心地よい曲なのか、と刷り込まれたものです。
しかし、86番って不思議にも飽きることがないですね^^

Re: No title

michaelさん、こんばんは。
マリナー盤、久しぶりに取り出して聴いてみたら、この素晴らしさ。マリナーは侮れません。太鼓連打の方はあまり記憶にありませんので、聴いてみなくてはなりませんね。私自身古楽器の演奏は嫌いではありませんが、このマリナーの演奏を聴くと、現代楽器による表現力の素晴らしさにあらためて感じ入った次第。ヒュー・ウルフやペシェクなどの名演もあり、現代楽器の演奏にも興味は尽きません。
86番はシューリヒトの演奏で親しんでから偏愛する交響曲。飽きるなんてとんでもないことです(笑)

No title

おはようございます。マリナー指揮のモーツアルト・交響曲が国内廉価盤で復刻されているのを見て(見ただけです)、そう言えばハイドンもあったはずだと思っていました。ピリオド全盛の現代にあって、アカデミー室内管弦楽団の演奏はどうなんだろうと思っていたところ、記事を読んだところでは、モーツアルトよりも良さそうですね。

Re: No title

ライムンドさん、こんばんは。拍手コメントをこちらに移させていただきました。
確かにPHILIPSのモーツァルト全集の交響曲はマリナーが担当でしたね。これは未入手ですが、やはりハイドンはいいです。ただ、名前つき交響曲集も手に入れたのがかなり前で、しかも演奏の記憶も薄いため、聴き直さなくてはと思ってます。

No title

マリナーは「20ネームシンフォニーズ」というシリーズを録音していて、単売では各ジャケットがユーモラスなイラストでした。私は日和って10枚組箱物で購入しましたが、イラスト欲しさでまた集めなおそうかと思っています。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1235357047
私のパリセットは、ベタですがやはりザンデルリンク/ベルリンSOです。仏像など古美術にも造詣の深かった西村弘治さんの解説も熱が籠っています。

No title

マリナーのハイドン交響曲集は、アナログ盤の10枚組と、その後単売された、(6番、7番、8番)、(53番、69番)、(60番、63番)をアナログ盤持っていまして、いずれもすばらしい演奏で愛聴盤です。ただ、パリセットは、10枚組収録の82番、83番、85番以外は聴いた事がなく、その後29 Name SymphonyとしてCD10枚組で1990年代に発売されたセットのうちの2曲(26番と47番)も聴いた事がないので、それらも合わせてぜひ聴いてみたいものです。残念ながら29 Name Symphonyの10枚組CDは、長らく廃盤のままで、2009年のHaydn Yearでの廉価復活を望んでいたのですが、それはかなわず。ぜひ、廉価復活を果たしていただきたいものです。

Re: No title

だまてらさん、おはようございます。
確かにLP時代にありましたね。記憶の片隅にうっすら残ってますが、LP時代にマリナーのハイドンは聴いていませんでした。手元の29曲もののほう、少しずつ聴き直してみたいと思います。
パリセットですが、ザンデルリンク盤は名演ですね。実はこちらも取りあげていませんので、そのうち取りあげた色思っています。

Re: No title

Haydn2009さん、おはようございます。
マリナーのハイドンの交響曲は人気があったようですね。ご指摘の26番と47番は10枚組のCDに収められていますが、指揮はマリナーではなくレイモン・レッパードで演奏もイギリス室内管が担当しています。何らかの事情で、マリナーが録音できなかったものと推察されます。CDの10枚組はamazonなどで販売されていますが、高いですね。中古を丹念に探せば手に入るのではないかと思ってます。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

モーツァルトチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲86番十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲10番交響曲9番交響曲11番交響曲12番ヒストリカル太鼓連打ロンドン交響曲2番古楽器交響曲15番交響曲4番交響曲37番交響曲18番交響曲1番ひばり弦楽四重奏曲Op.54SACDピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:2LPライヴ録音ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:3天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲102番軍隊交響曲99番時計奇跡交響曲95番交響曲98番交響曲97番交響曲93番驚愕ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35フルート三重奏曲ロッシーニオーボエ協奏曲ドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ミューザ川崎ストラヴィンスキーシェーンベルクマーラーチェロ協奏曲東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:318人のへぼ仕立屋に違いないファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26パレストリーナモンテヴェルディアレグリバードタリスすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6告別美人奏者ピアノソナタXVI:39四季交響曲70番迂闊者アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンベートーヴェンシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲80番ラメンタチオーネ交響曲67番哲学者ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:52交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:23アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出弦楽四重奏曲Op.64ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹時の移ろい交響曲42番無人島ベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55王妃交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲79番交響曲81番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードモテットオフェトリウムドイツ国歌カノンスタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生ピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲108番変わらぬまこと交響曲62番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
158位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
9位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ