【番外】玉三郎の「ふるあめりかに袖はぬらさじ」

昨日は歌舞伎ではなく、演劇へ。演劇と言えば大滝秀治さんが亡くなられましたね。生の舞台は一度も見る事が出来ませんでしたが、昔電車の中で見かけた事があります。インパクトのある素晴らしい演技は他の人には追いつけない孤高の風格がありました。ご冥福をお祈りいたします。

TamasaburoRei.jpg

TBS:赤坂ACTシアター 坂東玉三郎主演「ふるあめりかに袖はぬらさじ」

この日は母親の誕生日の記念にと嫁さんがチケットを取っていてくれました。有吉佐和子作の「ふるあめりかに袖はぬらさじ」という劇。もともと杉村春子さんのために書き下ろされた作品とのこと。

作品は横浜の遊郭「岩亀楼(がんきろう)」の芸者お園(玉三郎)と病の花魁亀遊(壇れい)が当時開国か攘夷かで揺れていた幕末に、様々な出来事に翻弄されることを通して、哀しい女の人生と当時の日本の様子を描くもの。全四幕で、配役は歌舞伎と違って女性も登場していますが、遊女役にも歌舞伎の女形役者が配される等ハイブリッドなもの。我々の年代には帰ってきたウルトラマンの団時朗の唐人イルウス役が懐かしい顔ですね。配役やあらすじなどはリンク先をご覧ください。

IMG_3536.jpg

開演は14:00、開場は13:30ということで、開場の少し前に赤坂ACTシアターのある赤坂サカスに到着。あたりを少しうろうろのんびりしたところで開場時刻に。土曜ということでおそらく満席となる混雑具合。

IMG_3539.jpg

場内に入ると溢れんばかりの生花が。

IMG_3541.jpg

もちろん、まずは赤ワインで喉を潤します。このワインがいけませんでした(笑)

IMG_3542.jpg

席は1階右側のわりと前の方で、観劇には申し分ない席。予想通り満席。流石玉三郎主演ですね。客席を見渡すと女性がやはり多く、男性の姿は年配のご夫婦くらい。

幕があがると壇れい演じる花魁亀遊が病に臥せっているところからはじまります。歌舞伎と異なり流石に役所をおさえた美しさ。舞台装置も歌舞伎のいい意味でキッチュな板製の舞台装置ではなく、リアリティあるもの。そして三味線、鳴物と歌舞伎風。玉三郎らしく歌舞伎の良さも取り入れた演劇という造り。全4幕ですが、前半2幕に休憩を挟んで後半2幕で、壇れいは前半のみの出演。

ところが、前半は今週の仕事の疲れと、先程の赤ワインが災いして、結構寝てました。玉三郎さん、壇れいさんスミマセン。

前半最後に唐人イリウスが一目惚れした病の花魁亀遊を身請けしたいという依頼を岩亀楼の主人が快諾してしまい、亀遊が自害してしまうところで終わりましたが、後半はその七十五日の場面からはじまります。玉三郎は昔吉原で働いていた芸者として、亀遊と通訳藤吉の恋心に気づいていて、藤吉になぜ駆け落ちをしなかったのかと言い含める善者の役と、瓦版によって攘夷女郎との評判をとった亀遊と岩亀楼の宣伝のために、ある事ない事を語っていく商売人としての役などを見事に演じ分ける熱演。人間の表と裏、楼閣という特殊な環境、幕末という特殊な時代背景など交錯する様々な要素を感じさせる深い筋。玉三郎は美しい女形という役ではなく、コミカルなところも含んだかなり演技力を要する役。4幕通しての主役ということで、かなりの大役ですね。

筋が進むにつれて、玉三郎の演技に引き込まれていきますが、なぜか脳裏に浮かぶのは杉村春子の演技で見てみたかったということ。玉三郎独特の早口気味のしゃべりと機転の利いた演技もいいのですが、年季の入った芸者の役は杉村春子の重厚な演技でこそ一層際立つのではないかと思います。

いつも歌舞伎ばかりですので、舞台は新鮮でした。玉三郎は三味線に歌を披露したりと歌舞伎の延長の面もあり、筋の進行を飽きさせないよう笑いもそこここに配される演劇の面白さもあり、なかなか見応えのある舞台でした。最後は玉三郎の独り舞台で圧倒的な存在感。玉三郎の舞台にかける意気込みが伝わる舞台でした。お客さんを呼べる舞台のツボを押さえた素晴らしい演技でした。

IMG_3543.jpg

舞台が終わったのが17:00過ぎ。あたりはすっかり暗くなってきていました。赤坂ACTシアターの向かいは赤坂ビズタワーのレストラン街。せっかくなのでここで食事をして帰ることに。

食べログ:ヴィラモウラ 赤坂サカス店
ヴィラモウラ赤坂サカス店

IMG_3558.jpg

立ち寄ったのは1階の入口横のポルトガル料理の店。なんどか前を通りがかっていますが、入るのははじめて。

IMG_3547.jpg

幸いすんなり席につけました。すると赤坂ACTシアターのチケットを見せると1ドリンクサービスとのこと。待ってましたとばかりに微発泡の白ワイン、赤ワインなどを注文。ポルトガルと言えばポルトワインの濃厚な印象ですが、白の微発泡がほんのり甘め、赤ワインはキリッとした味で悪くありません。

IMG_3548.jpg

頼んだのはペティスコスセットという前菜中心のコース。最初に出てきた豆のサラダとタコのマリネ。どちらもさっぱりとした味付けでオイルも非常に軽い風味のもの。スペイン料理と近いのかと思ってもう少し濃い味付けを想像していましたが、意外とあっさりしていて、母親も気に入ったよう。どちらもいい感じ。

IMG_3550.jpg

それから一口チーズパン。もちっとした食感が箸休めになります。

IMG_3551.jpg

冷製やりいかのマリネ。こちらも非常に軽い食感のオイルの旨味、ほどよい酸味がなかなか。後味まで含めて香りのいいもの。

IMG_3552.jpg

タラとジャガイモのコロッケ。レモンを絞ってホクホクのところを戴きます。

IMG_3553.jpg

そして豚のレバーの味の自家製パテ。赤ワインと絶妙な相性。

IMG_3554.jpg

そしてメインの豚肉とアサリのソテー。ジャガイモも入ってアサリの出汁が良く出たスープとともにいただきます。ここまででお腹いっぱい。いつものことながら、デザートは別腹のようです(笑)

IMG_3556.jpg

最後はエスプレッソとデザート3種盛り合わせ。プリンが特にいい味でした。このお店、値段もリーズナブルで味も良くオススメです。

観劇と食事を楽しんで、秋のいい一日でした。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

モーツァルトチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲86番十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲10番交響曲9番交響曲11番交響曲12番ヒストリカル太鼓連打ロンドン交響曲2番古楽器交響曲15番交響曲4番交響曲37番交響曲18番交響曲1番ひばり弦楽四重奏曲Op.54SACDピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:2LPライヴ録音ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:3天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲102番軍隊交響曲99番時計奇跡交響曲95番交響曲98番交響曲97番交響曲93番驚愕ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35フルート三重奏曲ロッシーニオーボエ協奏曲ドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ミューザ川崎ストラヴィンスキーシェーンベルクマーラーチェロ協奏曲東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:318人のへぼ仕立屋に違いないファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26パレストリーナモンテヴェルディアレグリバードタリスすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6告別美人奏者ピアノソナタXVI:39四季交響曲70番迂闊者アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンベートーヴェンシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲80番ラメンタチオーネ交響曲67番哲学者ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:52交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:23アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出弦楽四重奏曲Op.64ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹時の移ろい交響曲42番無人島ベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55王妃交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲79番交響曲81番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードモテットオフェトリウムドイツ国歌カノンスタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生ピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲108番変わらぬまこと交響曲62番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
158位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
9位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ