ミハル・カニュカ/プラハ室内管によるチェロ協奏曲、哲学者

前記事で聴いた指揮者なしのプラハ室内管弦楽団のアルバムをもう一枚。

KankaPCO.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

ミハル・カニュカ(Michal Kaňka)のチェロ、指揮者なしのプラハ室内管弦楽団(Prague Chamber Orchestra)の演奏で、ハイドンのチェロ協奏曲1番、2番と交響曲22番「哲学者」の3曲を収めたアルバム。収録は2003年11月29日、30日、2004年1月5日、6日にかけて、プラハのドモヴィナ・スタジオでのセッション録音。SACDのマルチチャネル録音です。レーベルはharmonica mundi系列のPRAgA Digitals。

前記事で指揮者なしのプラハ室内管の「驚愕」を聴いて、もう少しプラハ室内管の演奏を聴いてみたくなって急遽amazonに注文したもの。幸い在庫ありとのことで、すぐに到着しました。

プラハ室内管については前記事を参照いただく事として、チェロを担当するミハル・カニュカについて調べてみましょう。彼のオフィシャルサイトがありますが、日本のコジマ・コンサートマネジメントに詳しい略歴が乗せられていますので、そちらをご参照ください。

Michal Kaňka - Cello | Welcome
コジマ・コンサートマネジメント:ミハル・カニュカ

カニュカはプラジャーク四重奏団のチェロ奏者との事。以前プラジャーク四重奏団は一度取りあげていますが、同じPRAgA Digitalsからリリースされていたもの。蛙のユニークな演奏が印象的でした。

2012/03/30 : ハイドン–弦楽四重奏曲 : プラジャーク四重奏団のOp.50

木質系のいい音色のチェロだったと記憶していますが、チェロ協奏曲のソロはどうでしょうか。また、指揮者なしを標榜するプラハ室内管のサポートは「驚愕」の出来でしょうか(笑)

Hob.VIIb:1 / Cello Concerto No.1 [C] (1765-7)
録音は最新のものらしく鮮明で透明感の高いもの。クリアな1番の入りですが、クッキリ,カッチリとした印象をつけ過ぎてちょっと教条的な印象もあります。それにつられてチェロのカニュカもかなりエッジを強調して硬直した弓さばき。鮮度と生気はあるものの、オケが主導する演奏のトーンは、前記事の「驚愕」で感じた力感とは異なり、ちょっと予想と異なるものです。チェロもオケも正確で几帳面な演奏なんですが、リズムの刻みがちょっとくどい印象があり、音楽を単調に聴かせてしまうところが気になってしまいます。非常に微妙な違いなんですが、音楽が型にはまって聴こえ、晴朗闊達なハイドンの魅力は薄まっています。カデンツァでチェロの印象は一転、低音を主体とした自由闊達な弓さばきが印象的。
アダージョに入ると、音楽は自然さを取り戻し、チェロの音色も深さを増していきます。練りも過度にならずに、プラジャーク四重奏団と共通する木質系の深い響きの魅力を楽しめるようになります。曲の作りの大きさよりも情に流されない古典期の範囲でチェロのフレージングの美しさを存分に聴かせる演奏。1楽章から印象が大きく変わります。クニュカのチェロは神憑ったような澄み切った美しさ。深遠な音色に引き込まれます。クニュカのチェロに合わせるようにプラハ室内管もしっとりとした伴奏になります。
フィナーレは1楽章の硬直感を感じさせるほどのくどさにはならず、陶酔感を感じさせるような、いい意味でノリの良い演奏になります。テンポもアップし、ライヴのような閃きと即興性のある音楽。チェロもオケも前のめりで火花散るようなスリリングさ。1楽章の杓子定規さが嘘のような閃きに溢れた演奏。これだけスタイルが変化する演奏もめずらしいですね。

Hob.I:22 / Symphony No.22 "Philosopher" 「哲学者」 [E flat] (1764)
いやいや、どの演奏で聴いても哲学者の1楽章はいいですね。前曲とは異なり変に癖のある入りではなく、実に自然な演奏。オケの精度はほどほどですが、広い空間にオケが鮮明に定位する最新の録音がとらえたオケの佇まいと穏やかな音の重なりのは文句なしに魅力的。慈しみ深い自然な響きにただただ身を任せる感じ。イングリッシュホルンの独特の音色により時折彩られる、とぼとぼと素朴にすすむ1楽章はハイドンの真骨頂。
続く2楽章のプレストは程よいテンションと弦楽器の響きの良さ、そして徐々に沸き上がる推進力と、この楽章に求められる魅力を良く踏まえた演奏。それにしてもこの曲は録音の良さが際立ちます。部屋にオーケストラがやってきたような鮮明さ。
メヌエットも癖のない自然な表情で進みます。リズムもフレージングも極めてオーソドックス。自然な演奏がそれ自体音楽の魅力を語るよう。
フィナーレに入るとこのオケ独特のクッキリとしたフレージングが顔をのぞかせ始めます。特にヴァイオリンパートを浮き立たせるようなカッチリしたフレージングはプラハ室内管ならでは。適度なメリハリは音楽の自然さを保ちます。哲学者は非常にオーソドックスなアプローチが功を奏しました。

Hob.VIIb:2 / Cello Concerto No.2 [D] (1783)
そしてチェロ協奏曲の2番の方へ。1番の導入にみられたくどいほどのフレーズとリズムの強調は影をひそめ、メロディーを適切に浮かび上がらせる自然な範囲の演奏。録音は1番の演奏に近いもの。カニュカのチェロはもはやちょっと枯れた表情をも感じさせるような、円熟した表情。オケとチェロが穏やかに鬩ぎ合う感じが良く出ています。変化を付けようとしているのか、1楽章の後半に至ってカニュカのチェロがだいぶ練るようになり、そのままのテンションでカデンツァに入りますが、このカデンツァはかなりテクニックを要する複雑な物。
2番のアダージョはなぜか、前曲のようなしなやかさは影を潜め、ちょっとおどおどした表情をみせるようになり、このオケは曲によってスタイルをいろいろいじってくる印象。もう少し深みが欲しいと思わせてしまいます。
そしてフィナーレも同様、ちょっと浮き足立った表情を見せてしまいます。ハイドンのチェロ協奏曲2番のフィナーレは郷愁溢れるメロディーの美しさが聴かせどころですが、肝心の深みが上手く出ていません。ただカデンツァではチェロ一本でかなりの詩情を感じさせ、カニュカがリカバーします。最後はかなりアクセントを効かせて終了。

同じPRAgA Digitalsからリリースされているカニュカがメンバーを務めるプラジャーク四重奏団の演奏もそうでしたが、1枚のアルバムに収められた曲でも、スタイルと出来にかなりムラがあります。チェロ協奏曲は1番が1楽章のかなり個性的な解釈が災いしていますが、2楽章以降はなかなかいい演奏。2番の方は逆に1楽章はいいのですが、後半に単調なイメージを残してしまいます。このアルバムで一番いいのは哲学者の演奏ということになります。これは指揮者なしというプラハ室内管の組織に起因するものでしょうか。曲ごとにコンサートマスターを変えているのでしょうか。同じレーベルのプラジャーク四重奏団の演奏でも同様の大きなムラがあることを考えると、レーベルの録音管理の問題かもしれませんね。ということで、評価は哲学者が[+++++]、チェロ協奏曲は両方とも[+++]とします。哲学者は録音の素晴らしさも手伝って、非常に自然なオススメの演奏です。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : チェロ協奏曲 哲学者 SACD

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

モーツァルトチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲86番十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲10番交響曲9番交響曲11番交響曲12番ヒストリカル太鼓連打ロンドン交響曲2番古楽器交響曲15番交響曲4番交響曲37番交響曲18番交響曲1番ひばり弦楽四重奏曲Op.54SACDピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:2LPライヴ録音ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:3天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲102番軍隊交響曲99番時計奇跡交響曲95番交響曲98番交響曲97番交響曲93番驚愕ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35フルート三重奏曲ロッシーニオーボエ協奏曲ドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ミューザ川崎ストラヴィンスキーシェーンベルクマーラーチェロ協奏曲東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:318人のへぼ仕立屋に違いないファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26パレストリーナモンテヴェルディアレグリバードタリスすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6告別美人奏者ピアノソナタXVI:39四季交響曲70番迂闊者アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンベートーヴェンシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲80番ラメンタチオーネ交響曲67番哲学者ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:52交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:23アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出弦楽四重奏曲Op.64ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹時の移ろい交響曲42番無人島ベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55王妃交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲79番交響曲81番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードモテットオフェトリウムドイツ国歌カノンスタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生ピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲108番変わらぬまこと交響曲62番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
158位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
9位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ