エルサレム四重奏団の「ひばり」、「五度」

番外がつづいたので、ここで一発、ハイドン好きの方の心を鷲掴みにする素晴らしいアルバムを紹介しておきましょう。

JerusalemQ.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

エルサレム四重奏団(Jerusalem Quartet)の演奏による、ハイドンの弦楽四重奏曲Op.64 No.5「ひばり」、Op.76 No.2「五度」、Op.77 No.1の3曲を収めたアルバム。収録は2003年4月、オランダ、ハールレムの統一メノナイト教会(Vereenigde Doopsgezinde Gemeente)でのセッション録音。この教会はいろいろな録音で登場する場所なのでよほど良い音響なのでしょう。レーベルは名門仏harmonia mundi。

エルサレム四重奏団は1993年にイスラエルの首都エルサレムで結成されたクァルテット。2004年の来日時の資料を見ると、このとき平均年齢が26歳との事で、設立時は10代ということになります。メンバーのうち2人がウクライナ出身、他のメンバーはイスラエル出身です。1997年、オーストリアのグラーツで開かれた「シューベルトならびに20世紀音楽コンクール」で第1位と20世紀音楽最優秀解釈賞を受賞、また1999年から3年間BBCの「ニュー・ジェネレーション・アーティスト計画」に選ばれ、イギリスでも定期的に演奏をおこなっていたとのこと。メンバーは下記のとおり。

第1ヴァイオリン:アレクサンダー・パヴロフスキー(Alexander Pavlovsky)
第2ヴァイオリン:セルゲイ・ブレスラー(Sergei Bresler)
ヴィオラ:アミハイ・グロス(Amichai Grosz)
チェロ:キリル・ズロトニコフ(Kyril Zlotnikov)

いつものようにウェブサイトへのリンクを紹介しておきましょう。

Jerusalem Quartet - HOME

日本ではあまり知られた存在ではないかも知れませんが、HMV ONLINEには12枚のアルバムが並び、ショスタコーヴィチやシューベルトなどに並んでハイドンもこれ以外に1枚録音があるようです。わたしは初めて聴くクァルテットですが、アルバムを聴く限り相当な腕の持ち主と見受けました。

Hob.III:63 / String Quartet Op.64 No.5 "Lerchenquartetett" 「ひばり」 [D] (1790)
おなじみのひばりは小気味好いリズムが心地よい入り。この曲に求められる爽やかさと、ハイドンの四重奏らしいメロディーラインがくっきりと浮かび上がる様子に冒頭から耳が釘付けになります。いきなりただならぬ完成度です。ヴァイオリンが伸び伸びと歌うフレーズの美しさも素晴らしいものがあります。若手らしく溌剌とした音楽。若干溜める表現も見受けられますが適度な範囲で、また抑えた部分の謙虚さも冴え冴えとして、そのバランス感覚が非常によろしい。ひばりが野原を飛び回るような可憐さがうまく表現できています。1トラック目でいきなりエルサレム四重奏の強烈な印象が残ります。
アダージョも悪かろうはずはありません。良く聴くとやはり抑えた部分の緊張感が素晴らしく、非常に緻密なのに爽やかな音楽となっています。磨き抜かれた自然さ。
メヌエットに入ってもスタンスは変わらず、楽章間の対比というよりは一貫して音楽が流れる感じ。そしてフィナーレは速めのテンポで弓使いの鮮やかさが際立つようなクリアな音階によりクライマックスを築きます。非常に鮮明な録音も相俟って1曲目から素晴らしい出来。

Hob.III:76 / String Quartet Op.76 No.2 "Quintenquartetett" 「五度」 [d] (1797)
続いてこちらも名曲五度。演奏の質はかわらず、速めのテンポによるめくるめくような流麗な入り。やはり抜群のセンスの良さ。音楽が自然に淀みなく流れます。ハイドンの曲の面白さを非常に良くとらえて、実に楽しげな音楽に。険しい音楽でもあるこの曲を磨き抜かれた美音で親しみやすく仕立てていきます。ハイドンの名曲をピニン・ファリーナが再構成したような流麗さ。ライヴのような緊張感もあり、磨き抜く事でスタティックな印象をあたえることもありません。彼ら本来の音楽をしっかり持っているからでしょう。
アンダンテはぐっとリラックスして表現を自在にコントロールするところも見せつけます。すべての音に理由があるようにフレーズごとにじっくりとした表情をつけていきます。音楽の美しさが際立ちます。
メヌエットは曲に楔を打ち込むように独特の曲調を強調しますが、やはり音量を落とす部分が緊張感を保ち、力任せな印象や単調な印象は皆無。この辺がこのクァルテットの素晴らしいところでしょう。
フィナーレは前曲同様、抜群のテクニックを聴かせますが、本当にテクニックがあるのでしょう、自然さが際立ち、爽やかな音楽の余韻が心地よい終わり方。いやいや、素晴らしい演奏です。

Hob.III:81 / String Quartet Op.77 No.1 [G] (1799)
時間切れで詳しいレビューは書きませんが、前曲同様素晴らしい演奏。

初めて聴くエルサレム四重奏団のハイドンは、まさに理想的な演奏とはこのような演奏のことを言うものというような演奏。ハイドンの弦楽四重奏曲くっきりとした構成感とメロディーの美しさを素直に表現したもの。むずかしいことなしにハイドンの弦楽四重奏曲の入門者向けの録音としてもお薦めできます。あまりの素晴らしさにビックリしたほど。もちろん評価は全曲[+++++]とします。

こうなると、未聴のもう一枚も早急に手に入れなくてはなりませんね。いいアルバムに出会いました。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.64 弦楽四重奏曲Op.76 弦楽四重奏曲Op.77 ひばり ハイドン入門者向け

コメントの投稿

非公開コメント

さっそく注文しました。

昨日届いて、まづ大好きな「五度」を聴いたところです。[+++++] に同感です。21世紀は、若いクァルテットの素晴らしいのが多い時代になってるんですね。

Re: さっそく注文しました。

maro_chroniconさん、こんにちは。
エルサレム四重奏団、私もはじめて聴くクァルテットでしたが、若手らしい瑞々しさと、円熟した音楽性、ぶれなし姿勢等、若手らしからぬ側面ももつ素晴らしい演奏をするクァルテットですね。弦楽四重奏は楽器が少ない分、音楽の善し悪しがダイレクトに伝わってしまいますが、逆に素晴らしい演奏に出会うと、その素晴らしさも際立ちますね。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

モーツァルトチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲86番十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲10番交響曲9番交響曲11番交響曲12番ヒストリカル太鼓連打ロンドン交響曲2番古楽器交響曲15番交響曲4番交響曲37番交響曲18番交響曲1番ひばり弦楽四重奏曲Op.54SACDピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:2LPライヴ録音ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:3天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲102番軍隊交響曲99番時計奇跡交響曲95番交響曲98番交響曲97番交響曲93番驚愕ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35フルート三重奏曲ロッシーニオーボエ協奏曲ドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ミューザ川崎ストラヴィンスキーシェーンベルクマーラーチェロ協奏曲東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:318人のへぼ仕立屋に違いないファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26パレストリーナモンテヴェルディアレグリバードタリスすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6告別美人奏者ピアノソナタXVI:39四季交響曲70番迂闊者アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンベートーヴェンシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲80番ラメンタチオーネ交響曲67番哲学者ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:52交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:23アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出弦楽四重奏曲Op.64ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹時の移ろい交響曲42番無人島ベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55王妃交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲79番交響曲81番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードモテットオフェトリウムドイツ国歌カノンスタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生ピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲108番変わらぬまこと交響曲62番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ