ウィレム・ファン・オッテルロー/ハーグフィルのオックスフォード

東京も紅葉が終盤にさしかかりました。新宿中央公園の銀杏の黄色が青空に映えます。今日は晩秋の紅葉のような燻し銀の演奏。

Otterloo92.jpg

ウィレム・ファン・オッテルロー(Willem van Otterloo)指揮のハーグ・フィルハーモニー管弦楽団(The Residency-Orchestra(The Hague)の演奏で、ハイドンの交響曲92番「オックスフォード」とグリークの「ペール・ギュント」第2組曲、第1組曲を収めたアルバム。ハイドンの収録は1950年12月28日、29日、アムステルダム・コンセルトヘボウでのセッション録音。レーベルは今は亡きPHILIPSの国内盤。

ウィレム・ファン・オッテルローは1907年、オランダのドイツ国境沿いの街、ウィンタースウェイク生まれの指揮者、チェリスト、作曲家。当初はユトレヒト大学で薬学を学んでいましたが、アムステルダム音楽院でチェロと作曲を学ぶことに転向しました。ユトレヒト市立管弦楽団のチェリストとして活動している間に、アムステルダム・コンセルトヘボウの作曲コンクールに組曲3番が入賞。1932年、その曲を演奏する指揮者としてコンセルトヘボウにデビューしました。その後ユトレヒト市立管弦楽団の指揮者を経て、1949年から1973年まで、このアルバムの演奏を担当するハーグ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者のポストにありました。また、オーストラリアとも縁があり1967年から70年までメルボルン交響楽団、1971年から78年までシドニー交響楽団の首席指揮者を務めました。亡くなったのは1978年になります。

オッテルローの名前は知っていたものの、その演奏を聴くのははじめてのこと。このアルバムは「PHILIPS秘蔵名盤」と題されたシリーズで、ディスクユニオンのハイドンの交響曲の棚に静かに鎮座していたものを発見して手に入れたもの。PHILIPSレーベルは1950年に発足したとの事で、この録音はまさにPHILIPSレーベル草創期の録音という事になります。レーベル草創期の息吹が感じられるアルバムです。

Hob.I:92 / Symphony No.92 "Oxford" 「オックスフォード」 [G] (1789)
録音はもちろんモノラル。もちろん年代なりの録音ですが、音に瑞々しさがあって悪くありません。ゆったりしながらも凛とした風情の序奏につづき、キレのいいオケが主題をザクザク刻んでいきます。音を切り刻みながら猛烈な推進力で突進していく感じ。この時代の演奏は引き締まったタイトな響きを軸にした演奏は少なくありませんが、推進力とバランスはなかなかのもの。オケもびしっと引き締まってたいとなオケの魅力を発散。古き良き時代の演奏という意味だけではなく、現代でも通じるタイトな魅力を発散しています。
素晴らしいのが続くアダージョ・カンタービレ。さっぱりしているのに深い情感をたたえた演奏。フレーズ一つ一つは特に練っているわけではなく、意外とさっぱりしているのに曲として聴くとじつに慈しみ深い演奏。オッテルローの音楽の芯を見た気がします。中間部の踏み込みはやはりタイトさが印象的。ぐさっとくる太い鉈のような力強さ。録音には厚みも実体感もあり、かなりのリアリティ。木管楽器の美しい響きも含めて、流石PHILIPSというところ。
メヌエットはビックリするほどの力強さ。非常に素直な演奏ですが、漲る力感で圧倒される感じ。いい演奏の特徴でもある弱音部の自然で表情豊かな表現も感じられ、それだけに強音がカッチリ浮かび上がります。オッテルローが指揮棒を振りかぶっておろす姿見えるような溜め。
フィナーレはヴァイオリンの音の粗さはあるものの、推進力で押し切ってしまいます。推進力はまったく衰えず、どんどん加速していきそうなエネルギーを感じさせます。各楽器のリズムにズレがあるような箇所もありますが、素晴らしい推進力でかき消されてしまうようです。豪腕正統派ピッチャーのような力でグイグイ推していく演奏と聴き受けました。

ウィレム・ファン・オッテルローの指揮するハーグ・フィルハーモニー管弦楽団による「オックスフォード」ですが、想像していたよりもタイトで力強い演奏でした。1950年という録音年代が信じられないような迫力ある音響。ヒストリカルなアルバムなんですが懐古的な耳で聴くのは間違い。現代にも通じる実にダイナミックな正統派の演奏。背筋のピンとはった老紳士のような清潔感と正義感のようなものを感じます。これはこれで一本筋がとおってます。評価は[++++]とします。

今日は、下取りキャンペーンが今月末までというかけ声に乗って、iPhoneを4Sから5に機種変更してきました。LTEは速いので利便性は上がりましたが、デザインとプロダクトの完成度という点では4Sに軍配でしょうか。物としての存在感は少し軽くなった感じです。下取りということで手元の4Sを返却しなくてはなりませんね。ジョブスの息のかかった最後のプロダクツだけに手元に残しておきたい気持ちもちょっとあります。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : オックスフォード ヒストリカル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

モーツァルトチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲86番十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲10番交響曲9番交響曲11番交響曲12番ヒストリカル太鼓連打ロンドン交響曲2番古楽器交響曲15番交響曲4番交響曲37番交響曲18番交響曲1番ひばり弦楽四重奏曲Op.54SACDピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:2LPライヴ録音ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:3天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲102番軍隊交響曲99番時計奇跡交響曲95番交響曲98番交響曲97番交響曲93番驚愕ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35フルート三重奏曲ロッシーニオーボエ協奏曲ドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ミューザ川崎ストラヴィンスキーシェーンベルクマーラーチェロ協奏曲東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:318人のへぼ仕立屋に違いないファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26パレストリーナモンテヴェルディアレグリバードタリスすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6告別美人奏者ピアノソナタXVI:39四季交響曲70番迂闊者アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンベートーヴェンシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲80番ラメンタチオーネ交響曲67番哲学者ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:52交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:23アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出弦楽四重奏曲Op.64ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹時の移ろい交響曲42番無人島ベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55王妃交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲79番交響曲81番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードモテットオフェトリウムドイツ国歌カノンスタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生ピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲108番変わらぬまこと交響曲62番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
158位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
9位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ