ベルンハルト・クレー/プラハ室内管の哲学者

クリスマスが近づきました。クリスマスになるとなぜか私は独特の癒しをもった「哲学者」が聴きたくなるんですね。

BernhardKree.jpg

ベルンハルト・クレー(Bernhard Klee)指揮のプラハ室内管弦楽団(Prager Kammerorchester)によるハイドンの交響曲6番「朝」、7番「昼」、8番「晩」、22番「哲学者」の4曲を収めたアルバム。収録は1974年7月、プラハのDejvice Kolejniスタジオでのセッション録音。レーベルはメジャー系廉価盤シリーズの先駆け、Deutsche GrammophonのGALLERIA。

今日はこのアルバムから、「朝」、「昼」、「晩」に目もくれず「哲学者」を取りあげます。

プラハ室内管弦楽団は当ブログでもいくつかの演奏を取りあげていますが、指揮者のベルンハルト・クレーはもちろんはじめて。最近のアルバムでも「哲学者」は取りあげています。

2012/10/17 : ハイドン–協奏曲 : ミハル・カニュカ/プラハ室内管によるチェロ協奏曲、哲学者
2012/10/14 : ハイドン–交響曲 : ブラハ室内管弦楽団の「驚愕」
2012/05/21 : ハイドン–協奏曲 : ティルシャル兄弟/コシュラー/プラハ室内管の2つのホルンのための協奏曲

プラハ室内管と言えば指揮者なしの室内管弦楽団を標榜していることは、驚愕の記事、カニュカとのチェロ協奏曲の記事にも記した通りで、驚愕の演奏はまるで豪腕指揮者がコントロールしたような迫力溢れる演奏でした。またカニュカとのアルバムに収められた2003年から2004年の録音は逆にバランスの良い味わい深い演奏でした。

このアルバムは1974年と今から40年近く前の録音であり、ベルンハルト・クレーという指揮者をおいた演奏であり、指揮者なしを標榜するプラハ室内管がどのような演奏を聴かせるかがポイントでしょう。

ベルンハルト・クレーは1936年、ドイツのチェコ国境に近いシュライツ(Schleiz)生まれの指揮者。Wikipediaなどによれば、ライプツィヒの聖トーマス教会聖歌隊を経てケルン音楽大学で学んだ後、1957年にケルン歌劇場のコレペティトールとして腕を磨きました。1959年にはウォルフガング・サヴァリッシュのアシスタント、1962年からザルツブルク、オーバーハウゼン、ハノーファー、リューベックなどの歌劇場の音楽監督を歴任、1976年から1978年までハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者でした。1977年から1987年まではデュッセルドルフ交響楽団の首席指揮者、1985年から1989年まではBBC交響楽団の首席客演指揮者など様々なオケで活躍した人。その後はフリーで指揮活動を行っているとのことです。調べてみるとクレーが指揮したアルバムもちらほらリリースされていますが、日本ではあまり知られていない人だと思います。

こうゆう知らない人の指揮するアルバムを聴くのはマイナー盤好きの私には楽しみな事です(笑) 迫力溢れるプラハ室内管からどのような響きを聴かせるのでしょうか。

Hob.I:22 / Symphony No.22 "Philosopher" 「哲学者」 [E flat] (1764)
前に置かれた朝、昼、晩よりも、一段鮮明な録音。いきなりしなやかな癒しに満ちた哲学者の美しいメロディーラインに惹き付けられます。ホルンやイングリッシュホルンの独特の単調なメロディーに対して、弦楽器がかなりニュアンスに富んだデリケートな演奏。他の録音で聴くプラハ室内管の演奏にくらべて弦楽器のニュアンスが豊かであり、これはクレーのコントロールによるものでしょう。ある意味吹きっぱなしに聴こえる管楽器に対し非常に豊かな表情をもつ弦楽器の対比が見事。非常に豊かな音楽が流れます。1楽章から絶品です。
続くプレストは予想より遅いテンポで、じっくりメロディーを描くことに主眼をおいているよう。やはり弦楽器の表情の豊かさが根底にあり、ごく自然な演奏の味わいを深めています。ザクザク切れ込むプラハ室内管は影を潜め、穏やかな表情が素晴らしいですね。
メヌエットも自然なのに味わい深いデュナーミクの変化が素晴らしい演奏。ひとつひとつのフレーズが穏やかながら活き活きとしていて、非常に豊か。
そしてオケの腕の見せ所のフィナーレ。導入はこれからはじまる音楽のざわめきを予感させる気配のようなものが非常に上手く表現され、ゾクゾクするような緊張感。主題に入るとテンポはあまり上げず、やはりメロディーラインをしっかりしなやかに描くことに手中しているよう。この曲のメロディーの美しさを余すところなく表現した演奏でした。

プラハ室内管の演奏の先入観を持って聴くと、あまりにしなやかで、じっくり落ち着いた演奏なことに驚きますが、やはりこれはベルンハルト・クレーのコントロールによるものでしょう。哲学者という癒しに満ちた曲の真髄を突く非常にしなやかな演奏。本当に癒しに満ちた音楽が流れました。前に置かれた朝、昼、晩よりも一段良い出来ゆえ、この曲を取りあげましたが、哲学者の演奏として広くお薦めできる演奏です。ただし、いつも紹介しているHMV ONLINEにもamazonにもTOWER RECORDSにも登録がないところを見ると、現在は流通していないようですね。中古で見かけたら入手すべき演奏だと思います。もちろん評価は[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 哲学者

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ラヴェルストラヴィンスキードビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎オーボエ協奏曲LP協奏交響曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールベートーヴェンスタバト・マーテルピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:48マーラーブルックナーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲97番告別交響曲90番交響曲18番交響曲99番奇跡アレルヤひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番モーツァルト交響曲86番ラメンタチオーネヴァイオリン協奏曲驚愕哲学者ミサブレヴィスニコライミサ小オルガンミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:52SACD武満徹ライヴ録音チェロ協奏曲交響曲19番交響曲81番古楽器交響曲全集交響曲80番マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり無人島騎士オルランドBlu-ray東京オペラシティチェロ協奏曲1番交響曲11番交響曲10番交響曲9番交響曲12番太鼓連打ロンドン交響曲4番交響曲15番交響曲2番交響曲37番交響曲1番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:3天地創造ディヴェルティメント東京芸術劇場リヒャルト・シュトラウス交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31タリスパレストリーナアレグリバードモンテヴェルディすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季交響曲70番迂闊者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードオフェトリウムドイツ国歌モテットカノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bis音楽時計曲ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲108番交響曲107番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ