【新着】エンデリオン弦楽四重奏団の弦楽四重奏曲集

また一枚お気に入り盤がみつかりました。

EndellionSQ.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

エンデリオン弦楽四重奏団(Endellion String Quartet)によるハイドンの弦楽四重奏曲4曲(Op.76 No.1、Op.20のNo.4、Op.64のNo.5「ひばり」、Op.103)を収めたアルバム。収録は2012年7月19日から22日にかけて、英ブリストル北方のモンマス(Monmouth)にあるウィアストン・コンサート・ホール(Wyastone Concert Hall)でのセッション録音。レーベルはWarner Classics。

エンデリオン弦楽四重奏団にはハイドンの弦楽四重奏曲Op.54とOp.74のアルバムがVirgin Classicsからリリースされていて、手元にもあるのですが、特別な印象はもっていませんでした。今回手に入れたアルバムも未入手のアルバムということで、最近聴いてよかったエルサレム四重奏団の未入手アルバムを頼むついでに注文していたもので、何気なく手に入れたというのが正直なところ。

ところがどっこい、これが予期せぬ素晴らしい演奏で、メガネが崑ちゃんのごとく鼻まで落ちました(古いか、、)

エンデリオン弦楽四重奏団は1979に創設されたクァルテット。名前の由来はイギリス南西端に突き出す半島にある聖エンデリオン教会からとったものとのこと。1992年からはケンブリッジ大学の招聘クァルテットとなっています。2008年にはベートーヴェンの弦楽四重奏曲全集をこのアルバムと同じWarrer Classicsからリリースしていますので、世間的にはメジャーな存在なのでしょうか。メンバーは創設当初から変わらないということで下記のとおり。

第1ヴァイオリン:アンドリュー・ワトキンソン(Andrew Watkinson)
第2ヴァイオリン:ラルフ・デ・ソウザ(Ralph de Souza)
ヴィオラ:ガーフィールド・ジャクソン(Garfield Jacson)
チェロ:デイヴィット・ウォータマン(David Waterman)

探したところエンデリオン弦楽四重奏団のウェブサイトがありましたが、かなりポップでカジュアルな感じ。なかなか面白い構成ですね。

the Endellion String Quartet

Hob.III:75 / String Quartet Op.76 No.1 [G] (1797)
かなり残響が豊かな録音ですが、音像は鮮明なため問題ありません。冒頭から一人一人の音色がはっきり異なり、それぞれ独立して響くのですが、一人一人が他者の音をよく聴いて音をそっと乗せている感じがあり、アンサンブルの面白さが際立ちます。まさに弦楽四重奏の真髄にいきなり触れる感じです。4人の織りなす自在で柔らかな響きに引き込まれます。4人とも絶妙のリズム感とテクニックの持ち主と聴きましたが、牙は剥かずにハイドンの曲の演奏を心からリラックスして楽しんでいるような演奏。まさに楽しげなようすが録音からもじわりと伝わってきます。メロディーの受け渡しも絶妙。流石34年目のクァルテットの至芸。最初のトラックから絶妙の演奏です。
アダージョは予想通り、じつに慈しみ深い演奏。ゆったりと深い呼吸の演奏ですが、聴覚が鋭敏に冴え渡ります。アンドリュー・ワトキンソンのヴァイオリンは線は細めで響きは繊細ですが、ここぞという時の高音の素晴らしい伸びは絶品。この楽章では4人がピタリとそろって弾くメロディーの一体感が素晴らしいです。チェロのデイヴィット・ウォータマンもユーモラスな弓さばきを見せて音楽を豊かにしています。
メヌエットはテンポの自在に変化させ、ピチカートを美しく響かせるところが聴き所。速いパッセージでようやくスロットルを開いて9分の力まで出します。
フィナーレもリズムの自在な変化の上にアクセントがきっちりついて、曲の最後を引き締めます。険しい表情で畳み掛けてくる演奏が多い中、エンデリオン弦楽四重奏団は手作りの音楽であるの誇示するように、あくまで一人一人の自在な変化の上で、個性をぶつけ合いながら、合わせるところはきっちり合わせており、画一的な音楽ではなく実に豊かな緊張感ある音楽を作っています。いきなりハイドンの真髄に触れる素晴らしい演奏。

Hob.III:34 / String Quartet Op.20 No.4 [D] (1772)
2曲目以降は簡単に。ゾクゾクするような緊張感溢れる入り。微妙に音色や響きにズレもありますが、テンポだけはピタリと合っていて、肝心なところでは響きもピタリと合って完璧なアンサンブルを聴かせます。それが4人の個性を生かしたアンサンブルであることを物語っています。いたずらをするように跳ね入るメロディーのユーモラスな感じも完璧。
2楽章は前曲同様、非常に慈しみ深い演奏。一人一人の奏者がゆったり奏でるメロディーが絡まりながら豊穣な音楽を創っていきます。とくにチェロの表情の豊かさが際立ちます。終盤は変奏が拡大して峻厳な雰囲気になり神々しさも感じさせます。
短くユーモラスなメヌエットを経て流麗なフィナーレに。フィナーレの弓をザクザクと刻むような激しいアンサンブルにこの曲のクライマックスがありました。激しい部分でも不思議と音楽を楽しむ余裕を感じさせるのがこのクァルテットの真髄でしょう。アドレナリン噴出の素晴らしいキレ。

Hob.III:63 / String Quartet Op.64 No.5 "Lerchenquartetett" 「ひばり」 [D] (1790)
そして名曲ひばり。まさに期待通りの演奏。このクァルテットの特徴が良く出ています。美しい旋律が活き活きとした表情で描かれ、ハイドンの仕込んだユーモラスな雰囲気、純粋に音楽と演奏を楽しむ素材としての完璧です。むしろ完璧すぎる完成度の曲を、リラックスして楽しむ事に集中した方がいいと忠告しているような演奏。書の達人は手本通りではなく、あちこち崩しながらも味わいの深さにおいては他を寄せ付けない深みを持つのににた、解脱の境地でしょうか。フィナーレまでエンデリオンの至芸に打たれっぱなし。

Hob.III:83 / String Quartet Op.103 [d] (before 1803)
最後はハイドン最後の弦楽四重奏曲、というより最後の作品。創作を極めたハイドンが最後にたどり着いた境地をまさにそのまま音にしたような演奏。力は抜けて、美しいメロディーが純粋に響きます。演奏も無欲に弓を動かしながら、音符をおいていくよう。最後の最後に書いたメヌエットは非常に意欲的なものでしたが、これを最後に筆を置き2楽章までの未完の作品となり、後年未完のまま出版されたというのは良く知られた話ですね。エンデリオン弦楽四重奏団の演奏は、この曲がハイドン最後の曲ということを暗示させるような諦観すら漂う名演でした。

このアルバムの最後にはこのOp.103出版されるときにハイドン自身によってつけられた12の音符によるヴァイオリンのメロディーの演奏も最後に収められています。これも心を打つもの。ハイドン自身が創作を終えたことを現す歌詞もつけられています。

「わが力すでに萎えたり。齢をかさね、力、衰えぬ。」(大宮真琴「新版ハイドン」より)

エンデリオン弦楽四重奏団の弦楽四重奏曲集は、ちょっと予想外の素晴らしい演奏でした。普段、レビューするアルバムについて、あまり人の書いた物は読まないようにしていますが、それは先入観をもって聴くよりも、純粋に演奏を聴いた時の印象を大事にしたいからに他なりません。このアルバムも届いてすぐに、何も調べずに聴きましたが、最初の一音からただならぬ演奏だとすぐにわかる独特の響きが聴かれました。聴きすすむうちに、これぞ弦楽四重奏の真髄と感じ入った次第。ライナーノーツの表紙の裏側には笑顔で微笑む4人のとてもいい写真がつけられています。このアルバム、選曲、演奏、プロダクションともに非常に良く出来た名盤だと思います。もちろん評価は全曲[+++++]とします。エンデリオン弦楽四重奏団が1980年代に入れたもう一枚のアルバムも聴き直さねばなりませんね。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.76 弦楽四重奏曲Op.20 弦楽四重奏曲Op.64 ひばり 弦楽四重奏曲Op.103 ハイドン入門者向け

コメントの投稿

非公開コメント

No title

は、早いリリースですね!きょうびVPOのニューイヤー・コンサートは2週間程度で
発売されているので驚くにはあたらないのかもしれませんが・・・。
今年もあと1日ですが、こちらではサプライズと癒しをバランスよく得ることが出来、
あつくお礼申し上げます。
2012年のマイ・ベスト・ハイドンは、ホグウッドの32枚組交響曲選集に決定!する
筈でしたが、予定日を過ぎても出荷されないまま年を越しそうです。よって、目新しさ
にはちょっと・・・ですが、トム・ベギンのソナタ全集それもピュアオーディオ用に追加
購入したCD&DVD版をあげておきましょう。来年もよろしくお願いします。
P.S.2013年はひょっとするとDaisyさんとオフの関係も強化されるかも・・・です。
キーワードはシナモン1226ですが、別途メール差し上げます。だまてら

Re: No title

だまてらさん、おはようございます。
いつもコメントありがとうございます。今年も大晦日。今日は12月最後の日なので、今月の一枚を選びますが、だまてらさんにならって今年の一枚も選ぼうかと思ってます。乞うご期待(笑)
トム・ベギンはBlu-rayのあとCD&DVD盤も手に入れたんですね。うちもそうですがBlu-rayの再生環境はAV系なので、もともと録音が良くても音楽を楽しむにはちょっと今一なんですね。そのうちBlu-rayもSACDもかかる、手頃で音質のいいプレイヤーが出てくるのでしょうか。
世の中ネット・オーディオ流行りですが、まだ脚を突っ込んでおりません。だまてらさんはそろそろ行かれるのでしょうか?
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

モーツァルトチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲86番十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲10番交響曲9番交響曲11番交響曲12番ヒストリカル太鼓連打ロンドン交響曲2番古楽器交響曲15番交響曲4番交響曲37番交響曲18番交響曲1番ひばり弦楽四重奏曲Op.54SACDピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:2LPライヴ録音ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:3天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲102番軍隊交響曲99番時計奇跡交響曲95番交響曲98番交響曲97番交響曲93番驚愕ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35フルート三重奏曲ロッシーニオーボエ協奏曲ドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ミューザ川崎ストラヴィンスキーシェーンベルクマーラーチェロ協奏曲東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:318人のへぼ仕立屋に違いないファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26パレストリーナモンテヴェルディアレグリバードタリスすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6告別美人奏者ピアノソナタXVI:39四季交響曲70番迂闊者アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンベートーヴェンシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲80番ラメンタチオーネ交響曲67番哲学者ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:52交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:23アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出弦楽四重奏曲Op.64ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹時の移ろい交響曲42番無人島ベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55王妃交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲79番交響曲81番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードモテットオフェトリウムドイツ国歌カノンスタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生ピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲108番変わらぬまこと交響曲62番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ