モーリス・マーフィー/ロバート・ハイドン・クラークによるトランペット協奏曲

今年も晦日になりました。いろいろなことがあった一年でしたが、今年は家の片付けなどをしながらのんびり過ごしています。今日は久々にハイドン以外で武満でも取りあげようかとのんびり聴いていましたが、オークションで手に入れたアルバムが届いたので予定変更。

Murphy.jpg
TOWER RECORDS

モーリス・マーフィー(Maurice Murphy)のトランペット、ロバート・ハイドン・クラーク(Robert Haydon Clark)指揮のコンソート・オブ・ロンドン(Consort of London)の演奏でハイドンのトランペット協奏曲と、フンメルなどのトランペット協奏曲を収めたアルバム。収録については何と何も記載がありません。レーベルはおそらく廉価盤専門だと思いますがなにげにいい録音の多いRegis。

このアルバムはようやく探し当てたもの。お目当てはトランペットのモーリス・マーフィーではなく指揮のロバート・ハイドン・クラーク。以前に絶品の交響曲集を取りあげています。

2010/07/19 : ハイドン–交響曲 : ロバート・ハイドン・クラークの交響曲集

ロバート・ハイドン・クラークの交響曲集はかなりの名盤です。ハイドンの交響曲の面白さを知り尽くした人の演奏と言っていいでしょう。そのクラークが指揮した数少ないハイドンのアルバムという事で捕獲候補盤としてリストアップしてありましたが、長らく出会う事はありませんでした。今回調べたところTOWER RECORDSで取扱いっているようですね。

さて、そのクラークですが、このアルバムのライナーノーツにわずかですが略歴が記載されてました。

ロバート・ハイドン・クラークは音楽学者として有名であり、ホグウッドやガーディナーも教えを受けたロバート・サーストン・ダートの教え子とのこと。師を受け継ぎバロック期の音楽の現代楽器の演奏を得意としていたようで、このアルバムのオケであるコンソート・オブ・ロンドンと良く仕事をしていたよう。先に触れた交響曲集も同じくコンソート・オブ・ロンドンとの録音ですので、この組み合わせの演奏には期待してしまいます。

また、このアルバムでトランペットを吹くモーリス・マーフィーは1935年、ロンドンのハマースミス生まれのトランペット奏者。1977年から2007年までロンドン交響楽団の首席トランペット奏者だった人。ヨークシャーのブラスバンド出身で、ロイヤル・リヴァプール・フィルなどのトランペット奏者を経て、1961年からBBCノーザン交響楽団の首席トランペット奏者、そして1977年にロンドン交響楽団に入り、以後2007年に引退するまで首席の座にあったということです。ロンドン交響楽団による名盤の数々のトランペットはマーフィーによるものだったんですね。惜しくも2010年に亡くなられています。

オケに異常に期待が集まるこのアルバム。さて、どのような演奏を聴かせてくれるでしょうか。

Hob.VIIe:1 / Concerto per il clarino [E flat] (1796)
来ました。予想通りのクッキリメリハリのついた素晴らしい響きが。速めのテンポによる序奏はまさにスタイリッシュ。マーフィーのトランペットは厚みや柔らかさでモーリス・アンドレとは差がつくもののシャープでテンポのいいもの。ことさら自己主張せず、クッキリとメロディーを吹いていきます。オケの痛快さがあまりに予想通りでビックリ。あのハイドン・クラークの交響曲集の感動が蘇ります。速目でスタイリッシュなのに表情は非常に豊か。ハイドンの曲としては情感の深さやメロディーラインの美しさよりも楽器の特性に合わせて祝祭感に溢れたこの曲の演奏、もとい伴奏としてはこれ以上望む物はありません。1楽章のカデンツァではマーフィーのトランペットの音色が柔らかめに変化して、非常に丁寧な演奏。万全です。
アンダンテはトランペットに主役の座を渡し、控えめな伴奏に徹した入りですが、弦のさっぱりしているのに深いフレージングに聴き惚れます。マーフィーは流石の安定感。優しく滑らかにメロディーを吹き上げます。
フィナーレはクラークとコンソート・オブ・ロンドンのキレのいい伴奏とマーフィーのクッキリとしたトランペットの見事な掛け合い。コンソート・オブ・ロンドンは小編成のオケだと思いますが、最後はかなりの迫力。いやいや、どうしてもオケの方に耳がいってしまう素晴らしい伴奏でした。

つづくフンメルのトランペット協奏曲も、伴奏からオケがキレまくって、もしかしたらハイドン以上の出来。こちらもオーソドックスながらスタイリッシュなクラークの魅力炸裂です。

ようやく手に入れたアルバムですが、期待通りの素晴らしさ。マーフィーのトランペットも悪くありません。ロバート・ハイドン・クラークはおそらく日本ではほとんど知られていない人でしょうが、その演奏は絶品。特にハイドンはオーソドックスな現代楽器の演奏の中でもオケのスペクタクルな表現に秀でていて、まさにスタイリッシュな演奏です。このトランペット協奏曲、おそらく録音はマーフィーが元気だった90年代の録音ではないかと推測しています。録音も十分鮮明。評価は[+++++]です。またまたいいアルバムに出会えました。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : トランペット協奏曲

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ベートーヴェン紀尾井ホールショスタコーヴィチストラヴィンスキードビュッシーラヴェルピアノ三重奏曲ミューザ川崎オーボエ協奏曲LP協奏交響曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:39マーラーブルックナーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉告別交響曲90番交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡アレルヤひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番ラメンタチオーネ交響曲86番モーツァルトヴァイオリン協奏曲驚愕哲学者ニコライミサミサブレヴィス小オルガンミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹ライヴ録音SACDチェロ協奏曲交響曲19番交響曲81番古楽器交響曲80番交響曲全集交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり無人島騎士オルランドBlu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲9番交響曲11番交響曲10番交響曲12番太鼓連打ロンドン交響曲15番交響曲2番交響曲4番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31パレストリーナタリスモンテヴェルディアレグリバードすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季交響曲70番迂闊者ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードオフェトリウムドイツ国歌カノンモテット弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲107番変わらぬまこと交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
12位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ