ムラヴィンスキー/レニングラード・フィルの88番、ロンドン

ちょっと仕事が忙しくて間が空きました。今日は今まで取りあげていなかった著名演奏家の演奏シリーズ。なぜかシリーズ化になりました(笑)

Mravinsky88.jpg
amazon

エフゲニー・ムラヴィンスキー(Evgeni Mravinsky)指揮のレニングラード・フィルハーモニー管弦楽団(Leningrad Philharmonic Orchestra)の演奏による、ハイドンの交響曲88番、104番「ロンドン」、リヒャルト・シュトラウスのホルン協奏曲1番の3曲を収めたアルバム。収録は88番が1964年4月20日、ロンドンが1965年10月3日、何れもレニングラード(現サンクト・ペテルスブルク)のフィルハーモニー大ホールでのライヴ。レーベルはRussian DISCというアメリカかカナダのレーベル(CDはアメリカ、ライナーノーツはカナダの印刷とのこと)。

ムラヴィンスキーはチャイコフスキーやショスタコーヴィチなどの演奏では有名なことは知ってはいますが、いまひとつちゃんと聴いた事がない人。ハイドンの録音も少しありますが、あまり印象に残る演奏ではありませんでした。食わず嫌いはいけないとのことで、実に久々にCDラックから取り出したアルバム。

ムラヴィンスキーの略歴を紹介しておきましょう。1903年、レニングラード生まれの指揮者。父は貴族、母は歌手と言う家柄。6歳からピアノを習い始めたが当初はペテログラード大学で生物を専攻。その後1924年 にレニングラード音楽院に入り直し、作曲と指揮を学びました。1931年にレニングラード音楽院を卒業後マリインスキー劇場(当時の名称はレニングラード・バレエ・アカデミー・オペラ劇場)で指揮者デビューを果たし、以後1938年まで務めました。ムラヴィンスキーの手兵となるレニングラード・フィルハーモニー管弦楽団には1931年から客演をはじめ、1938年に全ソ指揮者コンクールに優勝したのを機にレニングラード・フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者となり、以後、亡くなる1988年まで50年にわたりこのオケの常任指揮者であったとのこと。日本には1973年、75年、77年、79年と4回来日しています。

普段からロシアものなどには縁遠い存在のため、私自身はムラヴィンスキーの偉大さを身を以て知っているというわけではありません。もちろん、ムラヴィンスキーのハイドンとはかなり特殊なレパートリーであったことと想像される訳ですが、ハイドンの多様な演奏を通してその真髄に迫ろうという当ブログが避けて通ることができない存在であるのは確かなところ。もう一枚、時計のライヴも手元にあるのですが、どちらかと言うと今日取り上げるアルバムの方が聴きやすいため、このアルバムを選びました。

Hob.I:88 / Symphony No.88 "Letter V" 「V字」 [G] (1787?)
ちょっと遠めに定位するざらついた響きのオケ。録音のせいか響きが枯れていて、あまり潤いのある音ではありません。標準的なテンポでメロディーラインを整理しながらわかりやすく、クッキリとしたメロディーラインを描いていきます。派手な訳ではありませんが、ちょっとしたアクセントのキレがよく、ちょっと迫力がある演奏。爆発するのでしょうか。まさに冷静にクッキリとした表情付けをしている感じ。牙をいつ剥くのかちょっとそわそわします。スリムなのに筋骨隆々なハイドン。爆発には至らず、筋肉美をみせるだけ。
ラルゴも標準的なテンポ。なにげに彫りが深く、メロディーもクッキリ浮かび上がります。この楽章をきっちり彫り上げることでアーティスティックな魅力を引き出します。録音がもう少し良ければもう少し魅力的になりますね。
期待通りメヌエットも引き締まった演奏。もうすこし激しい演奏を想像していましたが、非常に冷静な正統的演奏。良くキレる鉈の切れ味。ムラヴィンスキーの鋭い眼差しが見えるよう。終盤、力感の漲りが素晴らしいです。
フィナーレこそ爆発するでしょうか。徐々にテンポを上げ、力感も増してきます。最後にいたる盛り上がりは流石ムラヴィンスキー、ウサイン・ボルトのスタートダッシュのような引き締まった美しさと瞬発力を一瞬垣間見せますが、さっと力をぬいて終了。ムラヴィンスキー流のハイドンの機知の表現でしょう。最後は拍手も録られています。

Hob.I:104 / Symphony No.104 "London" 「ロンドン」 [D] (1795)
そして期待のロンドン。こちらは音質はすこし粗いながら、迫力は上。冒頭の序奏の力感はなみなみならぬもの。曲の違いからか最初からかなりの力感。まさに筋肉美を誇る演奏。黒光りするボディービルダーの体を連想させる力感。力感一方ではなく、抜くところのセンスもいいため、非常にメリハリがついています。霧のロンドンなどハイドンが経験したロンドンの面影を感じさせるというよりは、木炭でデフォルメしてデッサンを書いたお手本のような演奏。ビシッと決まった陰影と太い隈取り。なぜか禁欲的なまでにアーティスティックな雰囲気が濃い演奏。
アンダンテはレガートをきかせて、筋肉をすこし目立たせなくしています。意図して流れをよくしようということでしょうか。あいかわらず気高さを感じさせるムラヴィンスキーのコントロールですが、手綱を少し緩めてほっとさせてくれます。
メヌエットも手綱は引き締めません。前曲のメヌエットとは異なり、流れを重視した演奏。後半に入ると、やはり徐々に鋭さを増して、きりりと引き締まった響きを聴かせます。
そして、聴かせどころのフィナーレ。速いです。ここにきて一気に集中力が上がります。これまで溜めていたエネルギーを一気に噴出させようということでしょうか。ヴァイオリンパートは粗いながらもかなりのキレ。速い音階をザクザク刻んでいきます。終盤に入るといよいよ来ました。往時のトスカニーニを思わせる素晴らしい力感。全曲のなかでもここに明確な頂点をもってきて、別格の高みを表現するところは常人ばなれしたものです。やはりクライマックスの禁欲的なまでの引き締まった盛り上がりは見事なものでした。

エフゲニー・ムラヴィンスキーと手兵レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団によるハイドンの88番とロンドンは、流石ムラヴィンスキーと言える、正統派の筋骨隆々とした演奏でした。もちろんハイドンの交響曲の演奏としては王道を行くものではありませんが、トスカニーニやセル、ライナーなどが目指した引き締まったハイドンの交響曲演奏の流れに近いもので、ムラヴィンスキーならではのポイントは厳格な禁欲性というか非常にストイックな雰囲気があることでしょう。この演奏、もうすこし録音に潤いがあれば一層魅力的なんでしょう。それほど悪い録音ではありませんが、この迫力をよりリアルな音で聴いてみたいと思うのは私だけでしょうか。評価は録音の分を少し差し引いて両曲とも[++++]とします。

このシリーズ、続けましょうか(笑)、乞うご期待。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲88番 ロンドン ヒストリカル ライヴ録音

コメントの投稿

非公開コメント

巨匠たちのハイドンシリーズといえば、クナがやはり異色でしょうか(笑)最近聴いてませんが、V字や驚愕で見せるケレンはなかなかです。ぜひ90番も録音してほしかった(笑)
Daisyさんは90番の録音の中であの仕掛けを特に面白く演出してるCDご存じですか?

巨匠といえば、ビーチャムのハイドンのよさがわからないんですよねぇ。ウィットに富むとか言われてますが、野暮ったく感じるのです。EMIのBOXの音質のせいでしょうか。

Re: タイトルなし

トトラさん、おはようございます。
90番を好んで取り上げているのはラトルですね。ただ最近はファイやブルーノ・ヴァイルのような演奏が好みです。驚愕でもことさら面白い演出は聴き飽きるのと似ていますでしょうか。手口を知っているサスペンスドラマを繰り返し見る時の心境という感じです(笑)
さて、クナのハイドンを外連と評するのは酔眼ですね。確かにクナが90番を振っていたらさぞかし面白い演奏になったことでしょう。クナのハイドンは常人には思いもつかぬひらめきがあり、非常に興味深いです。

No title

Daisyさん、こんばんは。ムラヴィンスキーもハイドンの録音があったとは知りませんでしたが、むしろあって当然のはずです。モーツアルトやベートーベンは聴いたことがあり、それから想像してもハイドンがどうなるのか、頭の中で全然きこえてきません。レヴューによると、意外にも熱い演奏のようで、セッション録音で聴いてみたい気がします。

Re: No title

ライムンドさん、こんばんは。
ムラヴィンスキーなどロシアもののイメージが強い指揮者が振るハイドンというのは、ちょっと意外性があって面白いですね(実際演奏は面白いというイメージではなくかなり真剣ですが、、、) 以前フェドセーエフとウィーン響のハイドンがかなり正統派の演奏でビックリした記憶もあり、聴いてみなければわからないのが正直なところです。朝比奈隆のハイドンもかなりいいですし、先入観を捨てて虚心坦懐に聴くようにしてます。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:39サントリーホールブルックナーマーラーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉LP交響曲97番告別交響曲90番交響曲18番アレルヤ奇跡交響曲99番弦楽四重奏曲Op.64ひばりフルート三重奏曲悲しみ交響曲102番ラメンタチオーネ交響曲86番モーツァルトヴァイオリン協奏曲ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ベートーヴェン驚愕哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹SACDライヴ録音チェロ協奏曲古楽器交響曲19番交響曲81番交響曲全集交響曲80番マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードピアノソナタXVI:20豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島Blu-ray東京オペラシティチェロ協奏曲1番交響曲9番交響曲10番交響曲11番交響曲12番ロンドン太鼓連打交響曲15番交響曲2番交響曲4番交響曲37番交響曲1番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメント東京芸術劇場リヒャルト・シュトラウス交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:35ロッシーニドニぜッティライヒャオーボエ協奏曲ピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ミューザ川崎ストラヴィンスキーシェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31タリスバードモンテヴェルディパレストリーナアレグリすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲46番交響曲51番協奏交響曲DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士弦楽四重奏曲Op.74交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードカノンオフェトリウムモテットドイツ国歌スタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番変わらぬまこと交響曲62番交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
122位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ