カール・リヒター/ベルリンフィルの驚愕、時計

無理矢理シリーズ化されていますが、今まで取りあげていなかった著名演奏家の演奏シリーズ。

Richiter94.jpg
amazon(別装丁国内版)/ TOWER RECORDS(8枚組版)

カール・リヒター(Karl Richter)指揮のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏でハイドンの交響曲94番「驚愕」、101番「時計」の2曲を収めたアルバム。収録は1961年3月、ベルリンでのセッション録音。録音サイトの記載はありませんが、ドイツ表現主義の鬼才ハンス・シャロウン設計の現ベルリンフィルハーモニーは1963年竣工ですのでフィルハーモニーでの録音ではありません。レーベルはARCHIVの日本盤(ポリドール)。

カール・リヒターと言えばバッハの大家。というよりマタイなどは神格化された演奏。昔某雑誌で無人島にもっていくアルバムのような特集がありましたが、たしかリヒターのマタイが選ばれていたような気がします。もちろん手元にもありますが、実はちょっと苦手にしております。切々と迫ってくる響きに打たれ続ける修行のような演奏ゆえ、重荷に感じてしまうようなところがあります。バッハではやはりロ短調ミサ、それもコルボのような透明感とソノリティの美しさを極めた演奏を好みます。まあ、こちらの器が問われているというのが正直なところでしょう。

そのバッハの大家のリヒターがハイドンの驚愕と時計を、なんとベルリンフィルを振って録音しているということで気になっていたアルバムですが、今回取りあげている一連ののアルバム同様、レビューを書くようなしっかりとした聴き方で聴いていないため、なんとなく特徴をつかみかねているというところです。今日はリヒターのハイドンに迫りたいと思います。

カール・リヒターは1926年、ドイツのプラウエン生まれの指揮者。牧師の子として生まれ、ドレスデン聖十字架教会聖歌隊に入り音楽教育を受け始めました。1946年ライプツィヒに移りライプツィヒ音楽大学に入学、聖トーマス教会のカントルであったカール・シュトラウベらに師事。1949年には教会音楽の国家試験に合格して、聖トーマス教会のオルガニストに就任しました。1951年にはミュンヘンに移り聖マルコ教会のオルガニストに就任。バッハ・コンクールでの良い演奏がきっかけとなってミュンヘン国立音楽大学のオルガンとルター派教会音楽の講師なりました。1951年にはまた、ハインリヒ・シュッツ合唱団の指揮者となり、主にバッハのカンタータを演奏していき、名称をミュンヘン・バッハ合唱団に改称しました。追って1953年にはミュンヘン・バッハ管弦楽団を設立。そして有名なマタイ受難曲を1958年にARCHIVレーベルに録音し、以降一連のバッハの録音をARCHIVに残す事となります。日本へは1969年にはミュンヘン・バッハ管弦楽団、合唱団と、1979年には単身来日しているとのこと。1981年に心臓麻痺で亡くなっています。

Hob.I:94 / Symphony No.94 "Mit dem Paukenschlag" 「驚愕」 [G] (1791)
録音は1961年にしては鮮明。近めに定位する直接音重視の録音。ベルリンフィルが非常に穏やかに響き渡る序奏、かと思いきや、すぐに馬力を発揮。やはりベルリンフィルの弦楽器群は抜群のエネルギー感。リヒターの指揮は実にバランスの良い正統的なもの。ハイドンの生気を十分に生かした表現。この力感はやはりオケがベルリンフィルであることが大きいでしょう。弦楽器の奏でるメロディは良く彫り込まれた立体感あるもの。先日のムラヴィンスキーのハイドンはボディービルダーのように筋肉を浮かび上がらせるほどの力感だったのに対し、リヒターの力感は体操選手のようなバランスと端正さの伴ったもの。良く聴くとインテンポでタイトに引き締まった素晴らしい演奏。記憶の中の演奏よりだいぶ鮮明。
2楽章のビックリアンダンテはドイツ的均衡を感じさせるもの。じっくり磨き上げたフレーズを重ね、此処ぞ爆発というところも鋭いアタック。やはりベルリンフィルならではの先鋭なアタック。教科書的名演と言っていいでしょう。正確きわまりないフレージングでどこにも隙がなく張りつめた緊張感を感じます。弦楽器の鋭く分厚い響きは流石ベルリンフィル。
予想通りメヌエットも骨格のしっかりした演奏。墨をたっぷりと含んだ太い筆で書いた楷書のよう。筆の運びのリズムが良く、また力を抜いた部分は流れるようで風格すらあります。
フィナーレをことさら強調しないのはリヒターの見識でしょうか。これまでの楽章と同様ベルリンフィルの素晴らしい弦楽セクションが少しづつ力感を増しながらメロディーをこなしていきます。ただし平常心はたもちながら、淡々とすらした風情。最後の場面はベルリンフィルの低音弦セクションの迫力を聴かせて終わります。やはり楷書の名筆のような整然とした印象を残します。

Hob.I:101 / Symphony No.101 "Clock" 「時計」 [D] (1793/4)
続く時計は前曲以上にベルリンフィルの素晴らしい弦楽セクションが威力炸裂。時計の最も充実している1楽章の畳み掛ける迫力が素晴らしいです。冷静なリヒターも最初からオケを煽っている感じ。前曲の均整のとれた美しさとは異なり、ここはいきなり気合い漲る感じです。
そしてゆったりとした時計のリズム。アンダンテは予想通り、美しい時の流れをきざむ時計。徐々に盛り上がる部分でベルリンフィルのざっくりとした迫力が味わえます。均整のとれたなかから沸き上がるエネルギー。ティンパニも鋭いリズムでサポート。
この曲でもメヌエットは盤石。端正な指揮ながらベルリンフィルの筋肉質の響きが垣間見え、オーケストラの充実した響きを純粋に楽しめます。
そしてフィナーレはそよ風のようなかなり抑えた入りから、ベルリンフィルの輝かしい音色の全奏に移り、それでもどこか冷静にテンポをコントロールする視点のもと、力感と抑制を交錯させながらクライマックスへと音楽を導いていきます。良く聴くと素晴らしいヴァイオリンの音階のキレ。フィナーレをかなり盛り上げる演奏も多い中、時計の聴かせどころを1楽章だと設定して、盛り上げながらも流すように進めるところが秀逸です。

バッハの大家、カール・リヒターとベルリンフィルによるハイドンの「驚愕」と「時計」を収めたアルバム。ベルリンフィルという強力なオケを得て、リヒターの規律でしっかり隈取りされたベルリンフィルの迫力ある演奏が聴き所でしょう。やはりハイドンの交響曲をきっちり正統的に演奏している感じ。古典派交響曲の理想的教科書的演奏というところでしょう。ハイドンらしい機知やユーモアのある雰囲気はあまり感じられませんが、これは指揮者の誠実さと生真面目さの現れだと思います。響きの向こうにバッハと相通じる精神性のようなものもイメージできるところは流石リヒターと言うべきでしょう。演奏の質から言っても、この時代としては悪くない録音という意味でも最高評価で良いのですが、ハイドンらしさ、あるいはハイドンの交響曲の解釈としてという視点で言うと、生真面目すぎるように感じられなくもなく、評価は両曲とも[++++]としておきます。この演奏を[+++++]としても全く違和感ありませんが、これは好みの範囲かもしれません。皆さんはどう聴かれますでしょうか。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 驚愕 時計 ヒストリカル

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは
リヒターのハイドンは何十年たっても耳から離れませんね、何らかの別の魅力がないとヤワな演奏は聴けなくなります;
「驚愕」の第一楽章など、各パート音を武骨なまでに?明確に聴かせるところ圧巻です。
おっしゃるとおりこの真面目さはプラスにもマイナスにもなる感じですが、リヒターらしい演奏をしきってくれたところに価値があると思います。

Re: No title

michaelさん、こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。リヒターのハイドン、愛聴盤ということですね。このタイトな表現はまさに武骨なまでに明確に聴かせるという表現がぴったり。この険しさがリヒターらしさなんでしょう。リヒターのハイドンは今のところこのアルバム以外に存在を知らないのですが、この演奏スタイルだと93番とかパリセットあたりも聴いてみたくなりますね。

私は、リヒターは苦手かも

チェンバロ、オルガンならヴァルヒャ

指揮ならリステンパルトの方にどうしても

好みというか、生半可な聞き手を寄せ付けない様な固さがあるので。

Re: タイトルなし

小鳥遊さん、こんにちは。
リヒターの厳格な雰囲気が苦手な方もいますよね。リヒターとリステンパルトを比べると、どちらも素晴らしい緊張感ながら、リステンパルトにはのどかさと言うかゆったり感があるという事でしょう。音楽の好みは人それぞれ。わたしもハイドンならばリステンパルトをとります。バッハについてはその他を含めていろいろな演奏を聴いていないので、好みの範囲ですが。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールドビュッシーラヴェルストラヴィンスキーピアノ三重奏曲ミューザ川崎協奏交響曲LPオーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:39ブルックナーマーラーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉告別交響曲90番交響曲97番奇跡アレルヤ交響曲99番交響曲18番弦楽四重奏曲Op.64ひばりフルート三重奏曲悲しみ交響曲102番ラメンタチオーネモーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者驚愕小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲19番古楽器交響曲全集交響曲81番交響曲80番マリア・テレジア交響曲21番豚の去勢にゃ8人がかりクラヴィコード騎士オルランド無人島Blu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲10番交響曲9番交響曲12番交響曲11番ロンドン太鼓連打交響曲4番交響曲2番交響曲15番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ライヒャドニぜッティロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4タリスモンテヴェルディパレストリーナバードアレグリすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季交響曲70番迂闊者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードモテットドイツ国歌オフェトリウムカノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲107番変わらぬまこと交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
12位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ