ルートヴィヒ・ギュトラー/ヴィルトゥオージ・サクソニアのトランペット協奏曲

またまた、ジャケットから霊感を得たアルバム。

GuttlerTp.jpg
HMV ONLINEicon(別装丁盤) / amazon

ルートヴィヒ・ギュトラー(Ludwig Güttler)のトランペットと指揮、ヴィルトゥオージ・サクソニア(Virtuosi Saxoniae)の演奏によるハイドンのトランペット協奏曲他、有名作曲家のトランペット協奏曲を収めたアルバム。収録は1992年3月9日から10日にかけて、ドレスデンのルーカス教会スタジオ。レーベルはBERLIN Classics。

このアルバムもちょっと怪しい妖気が出ています。アインシュタインというか、マリオというか、愛嬌のありそうなトランペット奏者がはにかんでポーズきめている写真をあしらったジャケット。前記事のマルク・デストリュベのアルバム同様、ちょっといい演奏の予感がするということで手に入れたアルバム。

まずは演奏者の情報を確認してみました。ルートヴィヒ・ギュトラーは1943年、旧東ドイツドレスデンの西に位置するソーサ(Sosa)生まれのトランペット奏者、指揮者。バロック・トランペット、ピッコロ・トランペット、コルノ・ダ・カッチャ(フレンチホルンの先祖)などを得意としているよう。ライプツィヒ音楽大学を卒業後、ヘンデル・フェスティバル管弦楽団の首席トランペット奏者を4年、ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団の首席トランペット奏者を11年にわたり務めました。その後ドレスデンのカール・マリア・フォン・ウェーバー音楽学校の教授職に1990年までありました。教える立場としてはワイマールで開催された国際音楽セミナーの客員教授をつとめたり、国際コンクールの審査員についたり、日本やオーストリアなどでも教えたことがあるようです。
トランペット奏者としてはもちろん、コルノ・ダ・カッチャの奏者としても世界的に評価が高く、またライプツィヒ・バッハ・コレギウムの音楽監督しても活躍しました。1986年、このアルバムの演奏を担当するヴィルトゥオージ・サクソニアを設立し、レパートリーは18世紀のドレスデンの輝かしい時代の音楽にフォーカスしています。

このアルバム、じつは3枚のアルバムを紙ケースに入れたセットものでした。今日紹介するアルバムはもちろんハイドンのトランペット協奏曲が入っているからに他なりませんが、他にはテレマン、レオポルド・モーツァルト、ヴィヴァルディ、ヘンデルなどの曲が収められており、特にピッコロトランペットが活躍する曲が多いよう。聴くと抜群の安定感による超絶技巧が聴かれます。

もちろん、レビューはハイドンのみです(笑)

Hob.VIIe:1 / Concerto per il clarino [E flat] (1796)
若干速めのテンポで入ります。オケの響きは鮮明で、この祝祭感溢れる曲の高揚した雰囲気を上手く伝えています。録音は自然で非常にいいです。ギュトラーのトランペットは滑らかそのもの。速めのテンポでコロコロ転がるように吹き抜いていきます。インテンポでどんどん攻めていく感じ。ピッコロトランペットの超絶技巧の曲がいくつか入っているのでその延長のような雰囲気が漂います。オケもかなりの腕利き揃いとみました。ヴァイオリンの刻む音階のキレの良さは素晴らしいものがあります。ハイドンのトランペット協奏曲の1楽章としては最も爽やかな演奏でしょう。カデンツァは有り余るテクニックでさらりと難しい音階を披露。とくに高音の伸びは天上に届きそうなほどの上昇感。ヘンデルやテレマンなどの時代の曲のような雰囲気もあります。
2楽章のアンダンテは、流石にゆったりしたテンポに変わります。ギュトラーのトランペットの安定感は変わらず。輝かしいくまた柔らかさもある音色で、しっとりとしたこの楽章の美しいメロディーを奏でていきます。デリケートなニュアンスもあり、非常に味わい深い演奏。
予想通りフィナーレも速いテンポで入ります。トランペットもオケも速いパッセージの対応力は抜群、かなり速い音階をこともなげに吹いていきます。途中でかなりアクロバティックな装飾音をはさみ、テクニックを見せつけます。なぜかまったく嫌みな感じはせず、純粋に素晴らしいテクニックに酔いしれます。この爽快感はちょっと普通の演奏では味わえません。最後も疾風のように吹き抜けます。

ルートヴィヒ・ギュトラーという旧東独圏のトランペット奏者のハイドンのトランペット協奏曲は、まさに有り余るテクニックでさらりとハイドンの曲をこなした疾風のような演奏でした。テクニックではモーリス・アンドレやアドルフ・ハーセスを超えるのではないかと思います。この音階のキレと安定感は次元の異なるもの。この演奏がハイドンのトランペット協奏曲の理想的なものかと問われれば、そうではないと答えざるをえませんが、この演奏がハイドンのトランペット協奏曲の魅力的な演奏である事は間違いありません。おそらく奏者はハイドンの曲の真髄に迫ろうということよりも、ハイドンの曲をどう美しく聴かせようかと考えての演奏のように聴こえます。祝祭感溢れるハイドンの名曲の最も素朴な魅力かもしれませんね。評価は[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : トランペット協奏曲

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ブルックナーマーラーサントリーホールヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉LP交響曲97番告別交響曲90番交響曲18番アレルヤ交響曲99番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番交響曲86番ラメンタチオーネモーツァルトヴァイオリン協奏曲ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:32ベートーヴェン驚愕哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹SACDライヴ録音チェロ協奏曲交響曲80番交響曲81番交響曲19番交響曲全集古楽器交響曲21番マリア・テレジアピアノソナタXVI:20クラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり無人島騎士オルランドBlu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲10番交響曲12番交響曲9番交響曲11番太鼓連打ロンドン交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:4天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:7ドニぜッティライヒャオーボエ協奏曲ロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ストラヴィンスキーミューザ川崎シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26タリスモンテヴェルディアレグリバードパレストリーナすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:39美人奏者四季迂闊者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番協奏交響曲DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノ三重奏曲日の出ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードカノンドイツ国歌モテットオフェトリウムスタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番変わらぬまこと交響曲107番交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
9位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ