ゲオルク・ティントナーの太鼓連打、ロンドンライヴ

手元にあるにもかかわらず、あんまり印象が残っていなかったこのアルバム。ちょっと取り出して、、、

Tintner103.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

ゲオルク・ティントナー(Georg Tintner)指揮のシンフォニー・ノヴァ・スコシア(Symphony Nova Scotia)の演奏でハイドンの交響曲103番「太鼓連打」、104番「ロンドン」の2曲を収めたアルバム。収録は太鼓連打が1988年4月10日、カナダの東端、ノヴァ・スコシア半島の中心都市、ハリファックスにあるダルハウジー・アーツ・センターのサー・ジェームス・ダン劇場でのライヴ、ロンドンが1988年4月20日、同じくダルハウジー・アーツ・センターのレベッカ・コーン・ホールでのライヴです。レーベルは廉価盤中興の祖、NAXOS。

ゲオルク・ティントナーはNAXOSレーベルのブルックナーの交響曲全集を担当していて、それまであまり知られていなかったのに突然凄いブルックナーだと話題になった人です。手元にもNAXOSのブルックナー全集があり、構えの大きな音楽の人との印象があります。

今日取り上げるハイドンの交響曲のアルバムはティントナー・メモリアル・エディションと名付けられたシリーズの第4巻にあたるもの。オケがノヴァ・スコシアとかなりの僻地のオケであるのが珍しくて手に入れ、入手時の印象は、オーソドックスで、小細工なく、大きな音楽のつくりのものとの印象があるだけでした。今日はラックを眺めつつ、何を取りあげようかと逡巡したあげく、たまたま手に取ったという流れ。それではということで、いつものように略歴などを調べていたら、ティントナーという人、数奇な運命の人だとわかりました。

ゲオルク・ティントナーの情報は日本語版のWikipediaにかなり詳しく書いてありました。

Wikipedia:ゲオルク・ティントナー

ティントナーは1917年、ウィーンに生まれた指揮者。6歳からピアノを習い、10歳でウィーン少年合唱団に入りますが、このときオーディションの審査にあたったのがブルックナーの弟子であった指揮者のフランツ・シャルク。シャルクの指揮でブルックナーのミサ曲を歌ったこともあるそう。1931年からはウィーン音楽アカデミーでピアノと作曲を学ぶが、1938年ヒトラーがオーストリアに進駐した事からユダヤ人であるティントナーは、当時務めていたフォルクス・オーバーの仕事を追われ、以後長年に渡る海外生活がはじまる事になります。それ以降、指揮者としてニュージーランドのオークランド、オーストラリア、南アフリカのケープタウン、イギリス、オーストラリアのパース、シドニーと渡り歩き、1986年にこのアルバムのオケの本拠地、カナダのハリファックスに移り、シンフォニー・ノヴァ・スコシアの指揮者となりました。
ティントナーが世界的に有名になるきっかけとなったのは1994年に香港でNAXOSの社長であるクラウス・ハイマンに出会ったためで、NAXOSの「無名でも実力のある演奏家を録音に起用する」というポリシーにティントナーが合うということで、当時探していたブルックナーの交響曲全集の指揮をまかされることになりました。ただ、ティントナーはその前年の1993年から皮膚がんを患っていたため躊躇もあったとのことですが、ティントナーの素晴らしい演奏を聴いて決断に至ったとの事。
ブルックナーの交響曲全集は1998年に録音が完了し、1999年には英グラモフォン誌の表紙を飾り、2000年の来日も決まっていたにもかかわらず、1999年、病状を苦にしてハリファックスの自宅マンションから飛び降り自殺して亡くなったとのことです。

今日取り上げるアルバムのティントナー・メモリアル・エディションとは、NAXOSがティントナーが生前に残した様々なコンサートの放送音源やスタジオ録音を買い取り、全12枚のシリーズとして発売したもの。オーケストラはシンフォニー・ノヴァ・スコシアとカナダのナショナル・ユース・オーケストラが担当し、ティントナーのブルックナー以外のレパートリーに触れることが出来るもの。そのなかの貴重な1枚が今日取り上げるアルバムというわけです。

ティントナーと言う人、まさに流浪の人です。クラシック音楽の世界から見ればかなり辺境となる国々のオケを鍛えて実力をつけ、NAXOSという音楽の流通の流れを大きく変えたレーベルに出会い、ようやく世界中に彼の音楽が知られるようになったわけですが、きらめきは一瞬の間だけでした。NAXOSにとっても大きな支柱を失ったことになります。ティントナーの晩年の録音をシリーズとしてリリースすることとしたNAXOSの決断は讃えるべきですね。このアルバムの貴重さがわかった上で、レビューに移りましょう。

このアルバム、冒頭の1トラック目にティントナー自身によるハイドンの曲のイントロダクションが4分ほど収録されています。ティントナーはブルックナーの交響曲の解説も自身で執筆するほどでしたので、曲と歴史を紐解いて観客に伝えるのを常としていたのでしょうか。

Hob.I:103 / Symphony No.103 "Mit dem Paukenwirbel" 「太鼓連打」 [E flat] (1795)
遠雷タイプの太鼓につづいて荘重なオケの入り。オケの腕前、悪くありません。艶やかな弦楽器が非常に安定した演奏。テンポは一貫して遅めですが、フレーズごとに音量の変化をつけて、揺るぎないのに静的になりすぎないよう配慮したような演奏。所謂巨匠風、クレンペラー風の堅固かつ巨大なものを感じさせる演奏に近いのですが、根底にあるのは、強烈な個性という事ではなく、自身の音楽に対する揺るぎない自信のようなものでしょうか。ライヴですが、咳払い等の会場ノイズは最小限で、響きに厚みもあり、聴きやすい録音です。音楽がすすむにつれて、オケの力みがゆるみ、音楽がやわらかくダイナミックに変化していきます。
1楽章がゆったり感じたのに対し、2楽章のアンダンテはキビキビしたように感じる珍しい切り替え。途中、オーボエやフルートがメロディーをかぶせるところで、かなりはっきりと浮かび上がらせるように吹かせるのが新鮮です。2楽章で推進力に魅せられるのは珍しい事ですが、一貫してキビキビとした進行が効果的です。音楽に凛とした輝きが乗って、背筋が伸びます。
メヌエットはオーソドックスな演奏ですが一音一音に漲る力感が見事。そしてフィナーレにきてはじめてテンポを上げますが、主なメロディーをくっきり浮かび上がるように描くために序奏や伴奏を担当する楽器の音量を抑えてコントラストをはっきりさせます。ライブでの終盤にターゲットをおいたコントロールでしょうが、ティントナーは冷静に盛り上がりをつけていってくれるよう。ブルックナーとは異なり古典派の交響曲であることを意識して節度ある盛り上がりを聴かせて終了します。聴衆の人数が多くないのか、拍手は熱心ながら割れるようにとは行きません。

Hob.I:104 / Symphony No.104 "London" 「ロンドン」 [D] (1795)
ロンドンの方は、堂々とした一撃と精妙な序奏から入りますが、主題に入ると徐々に拍子を強調して、またフレージングにすこしごつごつとした骨っぽさが加わり、独特の推進力を感じさせます。やはりここでも一貫したリズムに乗っての演奏で、揺るぎなく堅固な音楽の印象が生まれます。聴き慣れたロンドンの1楽章ですが、強めの拍子と一貫したテンポによって骨格が透けて見えるような骨っぽい音楽に。ティントナーがブルックナーで聴かせた贅肉を削ぎ落した響きのコントロールを彷彿とさせる音楽です。徐々に力感も漲りますが、こけおどし的なところはなく、大きな流れのなかでのアクセント。
つづくアンダンテはやさしく流麗な印象で入りますが、前記事のクライバーとはかなり異なり、フレージングに骨っぽさが残ります。よくも悪くもこれがティントナーの個性でしょう。あまり溜める事なく淡々と音量の変化に注意を払いながら進める事で、孤高な感じも加わります。
太鼓連打と同様、楔を打ち込むがごとく一音一音に力がこもったメヌエット。細かいフレーズのコントロールよりはマスのコントロールに感心があるようで、木炭によるデッサンのよう。
フィナーレもいい意味で粗さを残しながら、大規模なソナタをザクザク刻んで描いていくよう。後半に行くに従ってエネルギーが満ちてゆき、筆の勢いも増して墨を飛び散らせながら筆を荒々しく運んでいきます。最後はこちらも拍手に迎えられます。

ゲオルク・ティントナーの手兵シンフォニー・ノヴァ・スコシアとのハイドンの太鼓連打とロンドン。ティントナーがハリファックスに着任してから2年経過したころのコンサートの貴重な記録。武骨さを感じさせながらも、オケのコントロールは歴戦の勇士だけあって、流石に聴かせどころを抑えた上手い演奏。太鼓連打が素直に受け入れられる素晴らしい演奏だったのに対し、ロンドンの方は、上には上がいると思わせる、もう一歩踏み込んでもいい演奏と聴きました。いずれにせよティントナーという無名だった指揮者が、まだ無名の時代の貴重な記録であり、NAXOSレーベルとしては、ティントナーの弔いにリリースせねばならない貴重な録音という事が出来るでしょう。評価は太鼓連打が[++++]、ロンドンは[+++]とします。

このアルバムのレビューを書くためにティントナーの略歴を調べながら、ティントナーのブルックナーの交響曲全集も取り出して、5番を聴き直しましたが、流石に評判の全集だけあって神々しいまでのコアな響き。本来ブルックナーで有名になった人だけに、こちらも見事なものでした。ついでにリンクを。

TintnerBruckner2.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 太鼓連打 ロンドン ライヴ録音

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Daisyさん、こんばんは。ティントナーのブルックナー以外の録音がナクソスから出ていた
とは知りませんでした。ティントナーのブルックナーは、話題になってしばらくしてから購入
して聴きましたが、聴くほどに愛着が湧くものです。ブルックナー以外の古典派の録音も
聴いていみたいと思っていました。故郷を離れた任地でもしっかりハイドンをプログラムに
入れているのも感慨深いものがあります。なお、アーノンクールの十字架上は入手でき
ました。

Re: No title

ライムンドさん、こんばんは。
ティントナーのブルックナー、いいですね。聴くほどに愛着が湧くとはそのとおり。今回レビューを書くのにはじめてティントナーのことを調べましたが、自身もブルックナーになにか運命的なものを感じていたのでしょう。ティントナー・メモリアル・エディション、ハイドンはこの一枚だけのようですが、モーツァルトもあるようなので聴いてみたくなりました。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ブルックナーマーラーサントリーホールヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉LP交響曲97番告別交響曲90番交響曲18番アレルヤ交響曲99番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番交響曲86番ラメンタチオーネモーツァルトヴァイオリン協奏曲ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:32ベートーヴェン驚愕哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹SACDライヴ録音チェロ協奏曲交響曲80番交響曲81番交響曲19番交響曲全集古楽器交響曲21番マリア・テレジアピアノソナタXVI:20クラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり無人島騎士オルランドBlu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲10番交響曲12番交響曲9番交響曲11番太鼓連打ロンドン交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:4天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:7ドニぜッティライヒャオーボエ協奏曲ロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ストラヴィンスキーミューザ川崎シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26タリスモンテヴェルディアレグリバードパレストリーナすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:39美人奏者四季迂闊者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番協奏交響曲DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノ三重奏曲日の出ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードカノンドイツ国歌モテットオフェトリウムスタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番変わらぬまこと交響曲107番交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
9位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ