カレル・アンチェル/オランダ放送フィルの「ロンドン」ライヴ

Twitterで気になるつぶやきをみつけて、アンチェルのアルバムを久しぶりに取り出しました。

Ancerl104.jpg
amazon

カレル・アンチェル(Karel Ančerl)指揮のオランダ放送フィルハーモニー管弦楽団(Netherlands Radio Philharmonic Orchestra)の演奏で、ハイドンの交響曲104番「ロンドン」などを収めたアルバム。ハイドンの収録は、1970年7月6日、アムステルダム・コンセルトヘボウでのライヴ。レーベルは仏TAHRA。

気になるつぶやきとは、宇都宮のAujancoolさんが、THARAのアンチェルのロンドンの演奏について「まるでりんごをガブリッと齧ったときの新鮮さと沸き立つ香りの嵐」との書き込み。私のアカウントでリツイートしていますので、ご確認ください。

そもそも当ブログでは同じくTAHRAのカレル・アンチェルの93番を以前に取りあげ、その鋼のような引き締まりまくった音楽にいたく感銘した覚えがあります。

2010/06/13 : ハイドン–交響曲 : 剛演、アンチェルの93番

そのアンチェルのロンドンの演奏からりんごを齧った時の新鮮な香りが感じるとの鋭い感覚、確かめてみたくなるというものです。

このアルバム、Karel ANCERL "Encores"というタイトルで、ライナーノーツによればアンチェルの未発表録音集としてTAHRAのカレル・アンチェルシリーズの7番目のリリースとのこと。2枚組CDで、他に1969年アムステルダム・コンセルトヘボウとのブラームスの2番、1959年チェコフィルとのスメタナ「わが祖国」から3曲と「売られた花嫁」序曲、1966年チェコフィルとのヴォジーシェクの交響曲など、何れも未発表のライヴばかりが収められた貴重なもの。中古以外での入手は難しそうです。

カレル・アンチェルは、1908年チェコ南部、南ボヘミアののトゥチャピ(Tučapy)と言う街に生まれた指揮者。プラハ音楽院に入り作曲を学びましたが、学生時代にワルターと出会い、才能を認められて指揮者を志すように。その後、ヘルマン・シェルヘンのアシスタントを経て、プラハ解放劇場の伴奏指揮者となり、またチェコフィルを振っていたヴァーツラフ・ターリヒのマスタークラスを受講して腕を磨きました。1933年にはプラハ交響楽団の音楽監督に就任しますが、父がユダヤ人だったアンチェルは1939年チェコがナチス・ドイツの支配下となるとプラハ交響楽団の音楽監督の地位を奪われ、また家族共々収容所に送られ、アンチェル以外の家族は虐殺されてしまったとのこと。
戦後になって楽壇に復帰すると、1945年からプラハ歌劇場の指揮者、1947年からチェコ放送交響楽団の指揮者、1950年にはクーベリックの後任としてチェコ・フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者に就任します。低迷していたチェコフィルを見事立て直してターリヒ時代の栄光をとりもどしたと伝えられています。1959年にチェコフィルと来日、また1969年にアメリカへの演奏旅行中にチェコ事件がおこり、そのまま亡命、翌1969年から小沢征爾の後任としてカナダのトロント交響楽団の常任指揮者となるも、4年後の1973年に65歳で亡くなったという事です。

この前取りあげたゲオルク・ティントナー同様、数奇な運命に翻弄された人ですね。今日とりあげるロンドンの演奏は1970年の収録ゆえ、亡命直後で、亡くなる3年前の録音という事です。

Hob.I:104 / Symphony No.104 "London" 「ロンドン」 [D] (1795)
拍手から始まります。かなり賑やかな会場ノイズが臨場感たっぷり。ロンドンの有名な序奏の入りは険しく彫刻的、マッシヴなもの。場内のざわめきがサーっと引いて、アンチェルの奏でる音楽に集中します。主題に入るとかなりテンポ良く、爽やかなフレージング。グイグイすすめていくのが痛快。かなりの早さで煽っているようで、オケがついていき損ないそうになる場面もありますが、かまわずグイグイ行きます。素晴らしい推進力と高揚感。1楽章からエネルギー炸裂。豪速球投手が1回から全力投球している感じ。津田か小松の快投を見るよう(古いか)
アンダンテは一転、抑えて冷静な表現の演奏。上手く対比をつけて楽章間のメリハリがクッキリつきます。中間部の盛り上がりも、すこし余力を残して落ち着いた表現。細かいところにあまりこだわりはなさそうで、オケも気持ちよく鳴らしている感じです。
つづくメヌエットはちょっと予想と異なり、かなり溜めたフレージング。楽章間の変化が実に効果的。特にこのメヌエットはかなりじっくりと落ち着き、1楽章の入りの火照りを鎮めているように感じます。
フィナーレは期待通り、冒頭から少し経つとギアチェンジして1楽章同様、グイグイすすむように煽りが入ります。唸る低音弦とキレまくるヴァイオリン、そして全楽器がおくれてはなるまいという事で団員が髪を振り乱してついてくるようすが見えるよう。最後まで熱い演奏でした。

悲劇の人、カレル・アンチェルがコンセルトヘボウでオランダ放送フィルを振った「ロンドン」のライヴ、ハイドンの最後の交響曲に込められたエネルギーを見事に音楽に乗せた演奏でした。録音はちょっと鮮明度に難ありですが、それほど悪くありません。Aujancoolさんの「まるでりんごをガブリッと齧ったときの新鮮さと沸き立つ香りの嵐」とは、アンチェルが醸し出す、細かいところではなく音楽の鮮度を引き出すような直裁な表現をりんごを齧ったときのサクッとした感触と、新鮮な歯ごたえに例えたものと理解できました。丁寧に磨き込んだ音楽ではなく、素材そのものの良さを引き出すアンチェルの技をうまく言い当てたものでしょう。評価は[+++++]と行きたいところですが、以前取りあげた93番の恐ろしいまでにキレた演奏と比較すると、ちょい落としてということになり、[++++]としたいと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ロンドン ライヴ録音 ヒストリカル

コメントの投稿

非公開コメント

アンチェルにロンドンの録音があるんですね。

いつも、その情報網と収集量には脱帽しています。

私は、ここしかマークしてないから(笑)

Re: タイトルなし

小鳥遊さん、こんばんは。
情報網というより、ハイドンに分野を絞って地道にコツコツやっているだけです。大いなる主観のもと、かなり勝手にやっておりますので、どうか過信なさらぬよう。視点が異なれば評価も変わります。
>私は、ここしかマークしてないから(笑)
殺し文句として受け取っておきます(笑) 末永くよろしくお願いいたします。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

剃刀ひばり古楽器弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:268人のへぼ仕立屋に違いない東京オペラシティバードタリスパレストリーナモンテヴェルディアレグリ天地創造すみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ライヴ録音マーラーストラヴィンスキー弦楽四重奏曲Op.9アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:6交響曲97番ヒストリカル告別交響曲1番美人奏者ピアノソナタXVI:39四季迂闊者交響曲70番交響曲12番東京芸術劇場太鼓連打ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:3アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4SACDバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンディヴェルティメントヴェルナーモーツァルトベートーヴェンシューベルトLPピアノソナタXVI:38ラメンタチオーネ哲学者交響曲80番交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲DVDピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:52交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:20サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国弦楽四重奏曲Op.76皇帝ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51五度ラルゴピアノ三重奏曲弦楽四重奏曲Op.64日の出チェロ協奏曲ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33軍隊リヒャルト・シュトラウス騎士弦楽四重奏曲Op.74弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹時の移ろい交響曲4番無人島交響曲42番ベルリンフィル交響曲19番ホルン信号弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲87番交響曲86番フルート三重奏曲トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンリュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集アレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲79番交響曲81番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードモテットドイツ国歌カノンオフェトリウムスタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベル弦楽四重奏曲Op.17交響曲102番アダージョXVII:9受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番ベルクブーレーズ交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番オーボエ協奏曲リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10奇跡交響曲18番交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場マリア・テレジア裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ピアノソナタXVI:8ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番交響曲10番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番交響曲108番交響曲107番変わらぬまこと交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲2番交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲スウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
12位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ