メロス四重奏団のOp.76のNo.5シュベツィンゲン音楽祭ライヴ

手元にはレビューすべきアルバムが沢山ありますが、昨日昼前にamazonに注文したらその日のうちに到着したアルバム。

MelosQuartettLive.jpg
HMV ONLINE / amazon / TOWER RECORDS

メロス四重奏団(Melos Quartett)の演奏でハイドンの弦楽四重奏曲Op.76のNo.5、ウォルフガング・フォルトナーの弦楽四重奏曲、ラヴェルの弦楽四重奏曲ヘ長調の3曲を収めたアルバム。収録は1979年5月9日、シュベツィンゲン音楽祭でのライヴ。会場はドイツ、ハイデルベルクの西隣のシュベツィンゲンにあるシュベツィンゲン宮殿。レーベルは独hänssler CLASSIC。

メロス四重奏団のハイドンは以前に一度取りあげています。

2010/12/01 : ハイドン–弦楽四重奏曲 : メロス四重奏団の「皇帝」、「日の出」、「鳥」

いつものようにWikipedia等から演奏者の情報を紹介しておきましょう。

メロス四重奏団は、1965年にヴュルテンベルク室内管弦楽団とシュトゥットガルト室内管弦楽団の首席奏者らによって結成されたドイツの弦楽四重奏団。結成間もない1966年に、ジュネーヴ国際音楽コンクールで最高賞を受賞して世界的に有名になりました。得意とするのはベートーヴェン、シューマン、ブラームス等のドイツものということです。ただし、惜しいことに設立以来30年を経過して、第1ヴァイオリンのヴィルヘルム・メルヒャーが亡くなった事にともない2005年に解散したとのことです。以前も触れましたがメンバーは下記の通り。

第1ヴァイオリン:ヴィルヘルム・メルヒャー(Wilhelm Melcher)
第2ヴァイオリン:ゲルハルト・フォス(Gerhard Voss)※1993年以降 イーダ・ビーラー(Ida Bieler)
ヴィオラ:ヘルマン・フォス(Hermann Voss)
チェロ:ペーター・ブック(Peter Buck)

なお、「メロス」の名称の由来は、第1ヴァイオリンのメルヒャーのMelと第2ヴァイオリンとヴィオラのフォス兄弟兄弟のosを組み合わせ、ラテン語で「歌」「音楽」「旋律」を意味する言葉にかけたものとのことです。

以前に取りあげたアルバムもおそらく1970年代の録音であり、このアルバムの演奏も70年代ということで、設立後最も油の乗った時期のライヴということで期待の一枚。ジャケット写真からも音楽が沸き上がってくるセンスのいいもの。

Hob.III:79 / String Quartet Op.76 No.5 [D] (1797)
直接音重視で、比較的デッドながら図太い音のする独特の録音。古典の規律ではなく、明らかにロマン派の音楽を奏でるような自在な演奏。テンポをかなり揺らしながら聴き慣れたハイドンのこの曲のメロディーに自在な流れによる起伏をつけて、いきなり弓をきりきりフルに使ったタイトな演奏。まるでベートーヴェンかヤナーチェクの曲の演奏のように攻めていきます。1楽章からテンションは最高。ベートーヴェンの曲への橋渡しをかなり意識した演奏なのでしょうか。ただ、この張りつめながらも音楽のテンションを楽しもうというところが残っていて、それがハイドンらしくもあります。
2楽章のラルゴもいきなり引きずるようにテンションがかかったヴァイオリンの力強い演奏に耳を奪われます。この濃い音楽もハイドンの一面ということでしょう。各楽器がかなり良く歌うためクァルテットとしても歌に満ちた演奏となり、かなり情感が乗ってきます。弦楽器の持つ起伏をフルに表現したようなクッキリしたフレージング。チェロまで雄弁にメロディーを奏でていきます。磨き抜かれた実に劇的なラルゴ。それぞれの楽器が良く鳴って、恍惚感すら感じさせる程。
3楽章のメヌエットは、前楽章からの劇的な演奏に加えて刺さるような鋭さもある演奏。チェロ主導のさざめくような中間部を挟んで両端の雄弁なメロディーが聴き所。
そしてフィナーレはさらに鋭さを増して、超ハイテンションの演奏。ヴァイオリンのメルヒャーが軽々とかつ非常に鋭利にメロディーラインを演奏していき、他の奏者も完全に追随して、エクスタシーを感じるほどのテンション。ただ速い演奏ではなく、鋭利な推進力に満ちたアクロバティックな演奏と言っていいでしょう。最後は突き抜けるように終わります。拍手は省略されています。演奏中に会場ノイズがありますので、ライヴ収録であることは間違いありません。

メロス四重奏団のシュベツィンゲン音楽祭でのハイドンのOp.76のNo.5の演奏、演奏によっては秩序と規律に満ちた曲が、まるでベートーヴェンのクァルテットのように強い響きと圧倒的なテンションで立ちはだかります。ハイドンによる音楽に間違いないのですが、ハイドンの弦楽四重奏曲の演奏としてはかなり特殊なものでしょう。この曲に続いて現代音楽の作曲家ウォルフガング・フォルトナーの曲が置かれていますが、こちらも見事な演奏。演奏スタイルとテンションは一貫したものです。このライヴ、良くも悪くもメロス四重奏団のこうしたテンションがポイントです。ハイドンのクァルテットの演奏として聴くというより、メロスの濃い音楽としてどうかということがポイントとなるでしょう。評価は、ライヴ好きな私としてはこのテンションの突抜け具合を評価して、[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.76 ライヴ録音

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールドビュッシーラヴェルストラヴィンスキーピアノ三重奏曲ミューザ川崎協奏交響曲LPオーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:39ブルックナーマーラーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉告別交響曲90番交響曲97番奇跡アレルヤ交響曲99番交響曲18番弦楽四重奏曲Op.64ひばりフルート三重奏曲悲しみ交響曲102番ラメンタチオーネモーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者驚愕小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲19番古楽器交響曲全集交響曲81番交響曲80番マリア・テレジア交響曲21番豚の去勢にゃ8人がかりクラヴィコード騎士オルランド無人島Blu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲10番交響曲9番交響曲12番交響曲11番ロンドン太鼓連打交響曲4番交響曲2番交響曲15番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ライヒャドニぜッティロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4タリスモンテヴェルディパレストリーナバードアレグリすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季交響曲70番迂闊者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードモテットドイツ国歌オフェトリウムカノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲107番変わらぬまこと交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
12位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ