【新着】レティーツィア四重奏団の「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」

今日は先日TOWER RECORDS新宿店にて仕入れたアルバムから。

Laetitia-Quartet7.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

レティーツィア四重奏団(Laetitia-Quartett)の演奏によるハイドンの弦楽四重奏版「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」。収録は2011年9月にライプツィヒとだけ記載されています。レーベルは初めて手に入れる独TALANTON。

レティーツィア四重奏団ははじめて聴くクァルテット。ライナーノーツによると1996年にライプツィヒで設立された弦楽四重奏団で、メンバーはゲヴァントハウス管弦楽団とMDR交響楽団で経験を積んだ人たち。長年にわたるオケでの交響曲やオペラの演奏に加えて室内楽やバロックオペラ、教会でのカンタータの演奏などによって、緊密さを磨き、現代楽器による独特の演奏スタイルを確立していったということです。独特の演奏スタイルとは、すでに広い歴史的な視野から様々な演奏スタイルがあるなか、バロック期、古典期の作品を楽器を時代に合わせて古楽器で演奏するのではなく、演奏方法を時代に合わせて、楽器は現代楽器のままというもの。実際の演奏は良く鳴る現代楽器でのノンヴィブラートの精妙さが際立つ演奏です。メンバーは下記のとおり。

第1ヴァイオリン:カトリン・ペンツィアー(Kathrin Pantzier)
第2ヴァイオリン:ルドルフ・コンラード(Rudolf Conrad)
ヴィオラ:ディートリヒ・ハーゲル(Dietrich Hagel)
チェロ:ギュンター・クラウセ(Günter Krause)

彼らのサイトがありましたので紹介しておきましょう。

LAETITIA-Quartett

Hob.III:50-56 / String Quartet Op.51 No.1-7 "Musica instrumentare sopra le 7 ultime parole del nostro Redentore in croce" 「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」 (1787)

序章
最新の録音らしくカミソリのような鮮明な切れ味の録音。教会での録音のような響きがともないますが、かなりオンマイクなので超鮮明。ノンヴィブラートの各楽器が精度高く重なっていきます。テンポは遅めですが、ゆったりという印象ではなく、日本刀の居合いをみるような凛とした緊張感がともないます。響きだけ聴くと現代音楽のようですね。

第1ソナタ
ソナタに入っても鋭さは変わらず、特に第1ヴァイオリンのペンツィアーの伸びのある音色に耳を奪われます。ノンヴィブラートの遅めの進行から、ちょっと平板な印象に聴こえるのではないかと危惧したのですが、精妙な音色で、適度な表情づけで淡々とすすむと、かえってメロディーに集中できて、悪くありません。確かに独特の演奏スタイルと言えるでしょう。

第2ソナタ
曲ごとに表情を変えてくる演奏ではなく、一貫したスタイル。ここに来て現代楽器だからこそ響きが良く通ることが活きているように感じてきました。弦楽器の美しい響き自体の存在感が際立ちます。その美しさを知っているからこそできる、淡々とした演奏という事でしょう。遅い楽章が続くこの曲ならではのアプローチ。そういえば、上で紹介した彼らのサイトのコンサートスケジュールにも、この十字架上のキリストの最後の七つの言葉があり、得意としていることが窺えますね。

第3ソナタ
音符が減って研ぎすまされた緊張感が増していきます。信号のようなチェロの音にのってヴァイオリンを中心としたメロディーが孤高の演奏。凝縮された美しさ。引きずるように絡むフレーズの魅力も乗っていきます。響きの余韻が録音会場の中にさっと広がるようすが見事。

第4ソナタ
前楽章の研ぎすまされた美しさから、和音の重なりの見事さに聴き所が移ります。波頭が次々と襲ってくるようすが克明に表現されています。相変わらず遅めの展開ですが、奏者にはまだまだ美音を奏でられる元気さがあります。ゆったりしているのに緊張感が保たれています。

第5ソナタ
有名なピチカート主体の楽章。さらにテンポが落ちて、ピチカート自体もスローモーションを見るような克明かつ正確な刻み。中間部は大胆なヴァイオリンのフレーズに寄り添うようにまわりの楽器が続きます。鮮明なヴァイオリンの音色の魅力、迫力が圧倒的な音像として迫ってきます。有無をも言わせぬ迫真の演奏。再びピチカートが戻りますが、音楽の起伏が大河のごとく壮大になって、もはやクァルテットの枠におさまらないほど。

第6ソナタ
峻厳さが増して、音楽は類いまれな険しさに。険しい音色の合間から垣間見える明るさと険しさの織りなす鮮明な綾。一人一人の奏者の隙のない音楽。作為のない直裁な音の迫力に打たれます。ここに来て、弦楽四重奏、しかもノンヴィブラートの浸透力ある音色の四重奏に圧倒されます。風もないのに風圧に圧倒される感じ。鋭さが心に刺さります。これまで聴いたことのない純粋で険しい音楽。最後に射す一筋の光のような明るさ意味が引き立ちます。

第7ソナタ
予想外に太い弦楽器の音色から入ります。全員の無垢な心境がそのまま音楽になったような、これまでの音楽の向こう側のような澄み渡った景色が広がります。それぞれの奏者の音色が克明に聴き分けられるような鮮明な録音。音楽は孤高の領域に一歩づつ進み、聴くものを追い払うような、神聖な輝きを帯びてきます。神々しいとはこのこと。今更ながらこの曲の素晴らしさを思い知る瞬間です。

終章
激しさが極まるかと思いきや、激しさをスローモションで見るような澄みきった心境の吐露のような演奏。地震ではなく地震の映像のような美化された激しさ。現実ではなく象徴的な表現なのでしょう。

聴き始めは単調さをはらむのではないかと予想した、レティーツィア四重奏団の現代楽器によるノンヴィブラートの演奏。聴き進むうちに、表面的な表現ではなく、音楽の核心にせまる険しさと、表現意図と言うレベルではない迫力に圧倒される名演奏だと気づきました。歴史の長いクァルテットではありませんが、それぞれの奏者の意図が重なり合って素晴らしい緊張感を保った、まさに4人の息がピタリと合った見事なアンサンブル。これは素晴らしい演奏。難曲であるこの曲の新たな魅力を浮かび上がらせた秀演でした。もちろん評価は[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 十字架上のキリストの最後の七つの言葉

コメントの投稿

非公開コメント

初耳四重奏団です。

「7つの言葉」の弦楽四重奏版と聞いては、注文せざるをえません。すぐ届いて、いま最初の二曲だけ聞いたところです。決して甘い音の癒しに逃げず、といって深刻におどろおどろしく盛り上げたりしないところが良いですね。要するに宗教くささが無いのかな。そして私も第1ヴァイオリンの音色に魅了されました。

Re: 初耳四重奏団です。

maro_chroniconさん、おはようございます。
私ももちろん初耳のクァルテットでした。曲が進むにつてて切り込むように表現が深くなっていくところにただならぬ迫力がありますね。古楽器ではここまで鳴らせないと思いますので、彼らの演奏スタイルは的を射ているのでしょう。今後の録音が楽しみな団体です。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

古楽器ラメンタチオーネアレルヤ交響曲3番交響曲79番チェロ協奏曲1番オックスフォード驚愕交響曲88番交響曲19番交響曲58番交響曲27番アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールラヴェルストラヴィンスキードビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎LP協奏交響曲オーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ブルックナーマーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヒストリカル交響曲90番告別交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番モーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲80番交響曲全集交響曲81番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島Blu-ray東京オペラシティ交響曲9番交響曲12番交響曲11番交響曲10番ロンドン太鼓連打交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4バードタリスアレグリパレストリーナモンテヴェルディすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムモテットドイツ国歌カノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ