コダーイ四重奏団のOp.20のNo.4からNo.6

まだまだ弦楽四重奏曲がつづきます。

KodalyQ20_4.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

コダーイ四重奏団(Kodály Quartet)の演奏でハイドンの弦楽四重奏曲Op.20のNo.4、No.5、No.6の3曲を収めたアルバム。収録は1992年6月26日から29日、ブダペストにあるユニタリアン教会でのセッション録音。レーベルは廉価盤中興の祖NAXOS。

今手に入れるなら、このアルバムを含むハイドンの弦楽四重奏曲全集の方でしょうか。

KodalyComplete.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

皆様良くご存知の廉価盤レーベルNAXOSのハイドンの弦楽四重奏曲全集を担当するコダーイ四重奏団。廉価盤レーベルだから、そこそこの演奏のものだろうという風に思われがちですが、このコダーイ四重奏団の演奏するハイドンの弦楽四重奏曲、これがかなりいい演奏なんですね。安定した表現力と鮮明な響きは滅多に聴かれないレベルの演奏です。コダーイ四重奏団の演奏は以前に一度だけ取りあげたことがあります。演奏者の紹介などはこちらをご覧ください。

2011/10/23 : ハイドン–弦楽四重奏曲 : コダーイ四重奏団のOp.74

このところいろいろ弦楽四重奏曲を聴いてきて、原点に戻るためにオーソドックスな演奏を聴きたくなって取り出したアルバム。やはりコダーイのハイドンは安心して身を任せられる定番の演奏です。

Hob.III:34 / String Quartet Op.20 No.4 [D] (1772)
ゆったりとしたテンポながら、クッキリとメリハリのついた安定感抜群の入り。録音も適度な残響と適度な距離感のバランスの良いもの。コダーイ四重奏団の特徴は4人の音色とフレージングがピタリと合った一体感。4人とも良く磨かれた美しい音色。ことさらアクセントを強調することなどなく、ハイドンの書いた楽譜に忠実に音をおいていくような演奏。演奏からじわりとにじみ出る音楽。
2楽章に入ると、シュトルム・ウント・ドラング期特有の憂いに満ちたメロディを切々と奏でていきます。ただただハイドンの書いた音楽をしっとりと奏でていくことで立ちのぼる情感。ゆったりとした語り口が音楽の表情を深くしていきます。ゆったりゆったり美しいメロディを引き継いでいきます。奏者全員が神憑ったような表現領域に入ってます。この楽章の美しさは言葉にすることができないほど。
3楽章はジプシー風メヌエット。前楽章の祈りのような深みを断ち切るように、明るいフレーズをリズミカルに刻みます。
フィナーレは力む事なく、軽々と転がるようにメロディーを流します。迫力を増す方向ではなく、そよ風が吹き抜けるような爽やかを残すような表現。4人のテクニックが確かだからこそできるこの軽さの表現でしょう。1曲目から記憶に残る演奏を遥かに上回るすばらしさ。こちらの耳が肥えたのでしょうか。

Hob.III:35 / String Quartet Op.20 No.5 [f] (1772)
短調の入りは、流麗そのもの。前曲が比較的遅めのテンポでじっくり聴かせたのに対して、この曲ではテンポは標準的ですが、力が抜けた流麗な弓さばきと枯淡の境地ともいえる、さっぱり爽やかな印象はコダーイならでは。各楽器が奏でるメロディーの織りなす綾の色彩感が素晴らしいですね。絹の織物が光を浴びて様々に輝く様子を見るよう。しなやかな光沢と絶妙な手触り、そして洗練された感じ。老練というより大人の演奏という印象。もとから行書体のような演奏ですが、徐々に書体が崩れ最後は草書体のような音楽。
2楽章のメヌエットは大きな流れの単位で音楽をつくっているよう。前曲のようにリズムを強調するのではなく、短調の切々とした感じをベースに、コダーイ流のあっさりとした流麗な響き。
つづくアダージョは、しっとりと心に響く演奏。ゆったりと力をぬいたフレーズから慈しみ深い音楽がにじみ出てくるよう。コダーイ四重奏団の表現力に今更ながら打たれます。
フィナーレは切々としたフーガ。ここまでしなやかにかつあっさりとしながらも、4人の弦からは豊かな表情の音楽が沸き上がる素晴らしい演奏。最後のフーガも一体感ある力の抜けた完璧なアンサンブルで締めくくります。

Hob.III:36 / String Quartet Op.20 No.6 [A] (1772)
コミカルなメロディーから入るこの曲も、それぞれの奏者がかわるがわる主導権をとりながら音楽をつくっていきます。こうした曲調の曲では絶妙の軽さとしなやかさでハイドンのユーモラスな創意を引き立てます。コダーイ四重奏団の奏でる旋律は自然と音楽が滲み出すように、弾くフレーズそれぞれが実に自然なもの。力みという言葉の当てはまるところは皆無。
この曲のアダージョは実に楽しげなメロディーに溢れています。ヴァイオリンの抜けるような高音の美しさも、非常に力が抜けて、演奏を楽しんでいるよう。非常に美しい音色ですが、意図した美音というより、自然に磨かれた表情と言った方がいいかもしれません。このアルバムのアダージョ楽章はどれもほれぼれするよう出来。この境地を何と例えたらいいでしょうか。
メヌエットはリズムを強調するタイプ。メヌエットも曲に合わせてかなり演奏スタイルを変えてきていますが、曲の流れのなかにある意図を汲んでの事でしょう。ここでは珍しくクッキリととエッジを立ててシャープな表情。
そして最後のフーガは入りからメロディーの交錯を予想させるようにきっちりとコントロールされたアンサンブル。これまでとスタイルを変えて、フーガの複雑な響きをクッキリ表現するために、敢えてクッキリした表情付けをするあたり、かなりのセンスですね。最後は4人がピタリと合わせて終わります。

久々に取り出して聴いたコダーイ四重奏団のハイドン。あらためてこのアルバムの出来はコダーイ四重奏団の音楽性の高さを物語る素晴らしさです。4人それぞれがざっくりと音楽を創っているのに、アンサンブルはピタリとあって、実に慈しみ深い音楽が湧き出てきます。長年ハイドンの弦楽四重奏曲を弾いているからこその円熟の音楽と言っていいでしょう。やはりコダーイ四重奏団のハイドンは素晴らしかったと再認識。1曲1曲聴かせどころがちゃんとあり、弦楽器の美しい響きを堪能できる素晴らしい録音。オススメです。評価はもちろん3曲とも[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.20 弦楽四重奏曲全集

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは
コダーイSQのハイドンは数枚もっていますが、耳心地のよい音づくりで、モダンSQでは最も気に行っています。全集を狙うならベストですかね。
今、ちょっと脱線して、ボッケリーニの室内楽にはまっていますが、ハイドンSQもそろそろと考えています。

Re: No title

michaelさん、おはようございます。
確かに現代楽器の全集としてはベストかもしれません。以前は割と均質な演奏と聴こえる部分もありましたが、あらためてレビューで取りあげて聴いてみると、素晴らしい深みももっていることがわかりました。
michaelさんのブログも興味深く拝見させていただいております。ハイドンの集中レビューもさることながら、最近のLPの記事も面白いですね。LPはいいんですよね。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ラヴェルストラヴィンスキードビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎オーボエ協奏曲LP協奏交響曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールベートーヴェンスタバト・マーテルピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:48マーラーブルックナーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲97番告別交響曲90番交響曲18番交響曲99番奇跡アレルヤひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番モーツァルト交響曲86番ラメンタチオーネヴァイオリン協奏曲驚愕哲学者ミサブレヴィスニコライミサ小オルガンミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:52SACD武満徹ライヴ録音チェロ協奏曲交響曲19番交響曲81番古楽器交響曲全集交響曲80番マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり無人島騎士オルランドBlu-ray東京オペラシティチェロ協奏曲1番交響曲11番交響曲10番交響曲9番交響曲12番太鼓連打ロンドン交響曲4番交響曲15番交響曲2番交響曲37番交響曲1番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:3天地創造ディヴェルティメント東京芸術劇場リヒャルト・シュトラウス交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31タリスパレストリーナアレグリバードモンテヴェルディすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季交響曲70番迂闊者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードオフェトリウムドイツ国歌モテットカノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bis音楽時計曲ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲108番交響曲107番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ