ヨアヒム四重奏団の「ひばり」「皇帝」

今日は先日ディスクユニオンで発見したお宝盤。

JoachimQ.jpg
amazon(MP3)

ヨアヒム四重奏団(Joachim Quartett)の演奏でハイドンの弦楽四重奏曲Op.64のNo.5「ひばり」、Op.76のNo.3「皇帝」の2曲を収めたアルバム。収録は1986年秋、収録場所は記載されていませんが、このアルバムのレーベルであるTHOROFONとブレーメン放送の共同制作とのことですのでブレーメン放送のスタジオでの収録でしょうか。

ヨアヒム四重奏団はドイツのハノーファーを拠点とする四重奏団。名称はもちろん有名なヴァイオリニスト、作曲家、指揮者だったヨーゼフ・ヨアヒム(1831-1907)からとったもの。ヨアヒムはブラームスらと同世代の人。偶然にもアイゼンシュタットの近くに生まれ、ハノーファーにも長年にわたって住み続けハノーファー王家の音楽家として雇われていた事もあるそう。ヨアヒム自身も1869年、ヨアヒム弦楽四重奏団を結成し、当時世界屈指の弦楽四重奏団との名声を得ています。このアルバムのヨアヒム四重奏団は、もちろん全く新たな四重奏団でこの録音当時は若手のクァルテットでした。設立間もなくボンで開催されたドイツのコンクールで優勝すると、ヨーロッパで有名になり、ドイツ各地でコンサートを開くようになりました。ベルリンにあるドイツ連邦大統領宮殿であるベルヴュー宮殿で大統領を前に演奏した事もあるそうです。第1ヴァイオリンのフォルカー・ヴォルリッツシェが使っているのはヨアヒムのコレクションだった「グランチーノ」という楽器ということです。メンバーは下記のとおりです。

第1ヴァイオリン:フォルカー・ヴォルリッツシェ(Volker Worlitzsch)
第2ヴァイオリン:フリーデマン・コベル(Friedemann Kober)
ヴィオラ:モニカ・ヒュールス(Monika Hüls)
チェロ:ステファン・ハーク(Stephan Haack)

ヨアヒム四重奏団の名前でリリースされているアルバムはごくわずかであり、私も名前も演奏も聴いた事のない団体でしたが、なんとなくTHOROFONのアルバムにはいい演奏が多いので手に入れたもの。以前デートレフ・クラウスの老練なピアノソナタが印象に残っています。早速聴いてみると予感ズバリ的中で、このアルバム、最初の一音からただならぬ緊張感を帯びています。

Hob.III:63 / String Quartet Op.64 No.5 "Lerchenquartetett" 「ひばり」 [D] (1790)
これまた非常にいい録音。鮮明な定位感でアンサンブルが目の前に浮かび上がります。ひばりの入りは羽毛でなでるような軽さがポイントですが、ヨアヒム四重奏団の演奏はまさにその通りの演奏。糸を引くように伸びるヴァイオリンの音色も存在感たっぷり。特にいいのがヴィオラとチェロの低音域の豊かな表情。音楽が踊るには低音弦の機敏な演奏が効きます。演奏スタイルは古風といっていいくらいオーソドックスですが、完成度は非常に高く、ダイナミクスの幅もきっちりとれて、フレーズごとの明確な表情付けもしっかり。少し前の時代の理想的な演奏といったらわかりますでしょうか。
アダージョ・カンタービレはかなり抑えた伴奏に乗って、ヴァイオリンも抑え気味の表情。ヴィブラートが心地良く感じられるのが嬉しいですね。
メヌエットまできて気がつくのが、楽章間のつながりの良さ。楽章間の対比もついているのですが、楽章の終わりから次の楽章への入りかたが、実に自然で、音楽的なつながりも再確認できるように演奏しています。音量とリズムのつながりがいいので、非常に滑らかに楽章がつながります。
フィナーレはヴァイオリンの名人芸。抑えながらも速い音階をさらりとこなしていき、次々の楽器をリレーしていく様は、まさに音楽の真髄を伝えるもの。等身大の大きさの身近な演奏という感じですが、演奏のキレのよさと録音の良さが相俟って、非常に素晴らしい印象を残しました。

Hob.III:77 / String Quartet Op.76 No.3 "Kaiserquartetett" 「皇帝」 [C] (1797)
つづいて、こちらも名曲です。ヨアヒム四重奏団もこの演奏を聴く限り、非常に安定感の高い演奏が特徴。前曲同様の演奏をいともサラッとこなしていきます。ちょっと懐かしくなるような郷愁を感じさせるような雰囲気もあって、テクニックばかりを聴かせる演奏ではありません。
おなじみのドイツ国歌のメロディーを奏でる2楽章は、流れの良さよりも、コンパクトにまとまった箱庭的な美しさを意図しているように聴こえます。もちろんテクニックは万全ですが、あえてスケール感を狙わず、旋律の美しさを手の届く範囲で表現してみているようですね。ここでもチェロ、ヴィオラの奏でる音の美しい音色がポイント。非常に親しみやすい演奏。最後は徐々にテンポを落として、とぼとぼとさまよい歩くようなテンションになり、抜け殻のようになるまで音を削いで、表現を極めます。いい演奏。
前曲同様、メヌエットへの自然な入りが絶妙ですね。こういった聴かせ所のセンスは抜群。楽章間の対比という視点ではなく、曲の流れの良さを保ちながら、さりげない曲調の変化を気づかせるというような意図があるのでしょう。メヌエット自体、オーソドックスな演奏ながら非常に豊かな音楽を聴かせる、実に奥行きの深い演奏。
激しい曲調のフィナーレも九分の力で余裕をもった演奏。常にハイドンの意図を踏まえて、踏み込みすぎず、それでいてキレに欠けることもない、素晴らしいコントロール。冷めているというのではなく、すべてが意図通りにいくように常に監視の行き届いた演奏という感じ。もちろん音楽の楽しさとユーモアを理解する心がともなったもの。

このところいろいろな奏者で弦楽四重奏曲を聴いてきましたが、同じ曲でも聴かせどころがかなり異なり、表現できる音楽の幅もずいぶんと違うものです。ソロはテクニックとインパクトに耳がいきますが、室内楽は奏者同士の一体感や対比、そして、各奏者の音楽性が絡まり合って一つの音楽をつくっていく面白さがあり、古来より数多の団体に演奏され続けてきたハイドンの曲でさえ今もって新鮮な感動を味わえます。今日取りあげたヨアヒム四重奏団の演奏もハイドンの演奏史に残すべき素晴らしい演奏です。聴き終わって、ハイドンとはこのように演奏するものだと教わったような気持ちになる、これぞハイドンのクァルテットというイメージがぴったりの演奏。大げさでなく、粋な感じも、音楽の深さも、アンサンブルの面白さも感じさせ、決して古さを感じさせない演奏と言えばいいでしょうか。評価は連日ですがやはり[+++++]以外をつける訳にはまいりませんね。

残念ながら、このアルバムはamazonのMP3版くらいしか入手できないようですが、聴く価値のある演奏です。ハイドンの弦楽四重奏曲を愛する皆さん、是非聴いてみてください。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.64 弦楽四重奏曲Op.76 ひばり 皇帝

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールドビュッシーラヴェルストラヴィンスキーピアノ三重奏曲ミューザ川崎協奏交響曲LPオーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:39ブルックナーマーラーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉告別交響曲90番交響曲97番奇跡アレルヤ交響曲99番交響曲18番弦楽四重奏曲Op.64ひばりフルート三重奏曲悲しみ交響曲102番ラメンタチオーネモーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者驚愕小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲19番古楽器交響曲全集交響曲81番交響曲80番マリア・テレジア交響曲21番豚の去勢にゃ8人がかりクラヴィコード騎士オルランド無人島Blu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲10番交響曲9番交響曲12番交響曲11番ロンドン太鼓連打交響曲4番交響曲2番交響曲15番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ライヒャドニぜッティロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4タリスモンテヴェルディパレストリーナバードアレグリすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季交響曲70番迂闊者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードモテットドイツ国歌オフェトリウムカノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲107番変わらぬまこと交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
12位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ