アポニー四重奏団のOp.33のNo.5、冗談

今日はTwitterで気になる書き込みをみて、ラックから取り出したアルバム。

ApponyiQ.jpg
HMV ONLINEicon(別装丁盤)/ amazon / TOWER RECORDS(別装丁盤)

アポニー四重奏団(Appónyi-Quartett)の演奏によるハイドンの弦楽四重奏曲Op.33の6曲、通称ロシア四重奏曲集を収めたアルバム。収録は1993年5月、ドイツケルンのDLFケルン放送ホールでのセッション録音です。レーベルはドイツ、フライブルクを拠点とするARS MUSICI。

Twitterでこのアポニー四重奏団のメンバーはフライブルク・バロック・オーケストラのメンバーであると書いているのを見て、気になっていたもの。ラックから取り出してメンバーを見てビックリ。

第1ヴァイオリン:ゴッドフリート・フォン・デア・ゴルツ(Gottfried von der Goltz)
第2ヴァイオリン:ペトラ・ミューレジャン(Petra Müllejeans)
ヴィオラ:クリスティアン・グーセズ(Christian Goosses)
チェロ:グイド・ラリシュ(Guido Larisch)

フライブルク・バロック・オーケストラのメンバーということですが、チェロのグイド・ラリシュ以外はソリストとしても名の知れた人で、特にゴルツとミューレジャンはコンサートマスターとして、フライブルク・バロック・オーケストラが指揮者を置かずに演奏する際、実質的に音楽を造っている人だと思います。手元にハイドンのアルバムもあります。

Freiburger Barockorchestrer

ゴッドフリート・フォン・デア・ゴルツはヴァイオリニスト、指揮者(コンサートマスター?)として多くのアルバムを出している人。当ブログでもハイドンやモーツァルトの交響曲やヴァイオリン協奏曲などを取りあげています。

2012/06/22 : ハイドン–交響曲 : ゴットフリート・フォン・デア・ゴルツ/フライブルク・バロック・オーケストラの「受難」等
2010/09/05 : ハイドン以外のレビュー : シュタイアーのピアノ協奏曲(モーツァルト)
2010/09/05 : ハイドン–協奏曲 : シュタイアーのピアノ協奏曲

ゴルツは指揮もヴァイオリンもちょっと硬直したところがありますが、キレとテクニックは素晴らしいものがあります。

もう一人のヴァイオリンはペトラ・ミューレジャンで、彼女もフライブルク・バロック・オーケストラのコンサートマスター。レビューはしていませんが、ハイドンでは朝、昼、晩を入れたアルバム、ジャン=ギアン・ケラスがチェロを弾いてチェロ協奏曲のアルバムがあります。

そして、ヴィオラのクリスティアン・グーセズは、名曲、ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲集のアルバムがあり、こちらはレビューしています。

2012/08/12 : ハイドン–室内楽曲 : アントン・シュテック/クリスティアン・グーセズによるヴァイオリンとヴィオラのためのソナタ集

要するにメンバーは、現在も一線で活躍する、古楽器の腕利き揃いのクァルテットということです。気になるのはアポニー四重奏団として残されたアルバムは、このハイドンのロシア四重奏曲集と、ボッケリーニの弦楽四重奏曲集が見つかるくらいで、他に録音が見当たらないこと。

ライナーノーツを読んでみると、1986年に設立され、古楽器による演奏は、アンナー・ビルスマ、ラインハルト・ゲーベル、ニコラウス・アルノンクールらに影響を受けているとのこと。コンサート活動ではオランダのユトレヒト古楽音楽祭やブリュージュ・フランダース音楽祭などに出演していたようですが、それ以外のことはよくわかりません。フライブルク・バロック・オーケストラの設立も1985年とほぼ同じ頃であるということを考えると、彼らが弦楽四重奏や古楽器オケという活動をいろいろしてみた結果、オーケストラの活動の方にシフトしていったものと思われます。この1993年の録音は彼らが弦楽四重奏に挑んだ貴重な記録であると見る事もできます。

こうゆうパースペクティブで見てみると、この演奏が、フライブルク・バロック・オーケストラの演奏に共通する、硬質で先鋭的であり、時に硬直的でもある響きを通して、音楽を彫り込んでいくスタイルと近いものであるのが自然に感じられます。

今日はアルバムの中から最初の2曲を選びました。

Hob.III:41 / String Quartet Op.33 No.5 [G] (1781)
教会やホールではなくスタジオで録られているような残響が少なく直接音重視の鮮明な録音。フライブルク・バロック・オーケストラの演奏同様、インテンポでグイグイ食い込んでくるタイトな演奏。テクニックとアンサンブルの精度は抜群。古楽器独特の張りつめたテンションで鋭角的な響きが非常に高いテンションで迫ります。生で聴いたら手に汗握るであろう、迫真のアンサンブル。本来、おおらかで明るい表情のロシア四重奏曲ですが、アポニー四重奏団の演奏で聴くと、奏者のテクニックと掛け合いの妙で勝負する険しさにもスポットライトが当たります。オーケストラの曲で時折垣間見せる、硬直感はそれほど感じられず、圧倒的なプレゼンスにのまれる印象。
2楽章のラルゴでは、ハイドンの緩徐楽章できかれるユーモアやリラックス感よりも、まだ緊張感の残る演奏に聴こえます。このあたりの落ち着きが増すと音楽が深くなると思うのですが。続くスケルツォも非常にテンションが高く、一体感と各楽器のせめぎ合いによる恍惚感を感じるほどのテンション。
フィナーレに至り、ようやく力がぬけて、いい意味で流すような演奏の気楽さが加わり、音楽も豊かになります。力が抜けたところで、音楽の表情の変化が大きくなり、変奏が進むごとに変化する表情の面白さが増していきます。

Hob.III:38 / String Quartet Op.33 No.2 "The Joke" 「冗談」 [E flat] (1781)
続く名曲「冗談」も基本的なスタイルは変わりませんが、曲想からか、冒頭から少しリラックスムードで入ります。聴き進むうちにわかってきたのは、強音のところが録音のせいか、演奏のせいか、力を入れ過ぎというか混濁感があるというか、ちょっと響きが粗くなってしまうところが欠点かもしれないということです。力を抜いたところの表情にくらべて強奏部分で音楽の表情が平板になってしまうような過度な力感になっているように聴こえます。もう少し力を抑えてデリケートな表情の変化の面白さを追求するとさらに音楽の豊かさが増すのではないかと思った次第。この迫力も貴重なものだけに、違いは紙一重といったところでしょう。
2楽章のスケルツォはキレのよい前半部にユーモラスなメロディを挟んで再びキレで聴かせる楽章。古楽器特有の繊細な音色を生かしながらコンパクトにまとめます。こうしたところはキリッと引き締まって流石の出来。
続く3楽章はヴィオラとチェロの二重奏からヴァイオリンの二重奏に移る精妙な響きの魅力も流石。それぞれ腕利きの奏者だけにこうゆう部分の繊細なコントロールは秀逸ですね。
そしてフィナーレも抑えて入り、フレーズを小刻みに切りながら繰り返していく面白さは十分。コミカルな展開をささっとこなし、粋な表情を残して終わります。

腕利き揃いのアポニー四重奏団によるハイドンのロシア四重奏曲集から2曲を聴きましたが、やはりフライブルク・バロック・オーケストラと同様、かなり明確にアクセントをつけ、しかもその強音がちょっとキツいと言うか、くどさを感じさせてしまうところも同様な印象。弦楽四重奏として抑えた部分の精緻な演奏は流石と思わせるものがあり、演奏の技術的完成度の高さにくらべて、表情の硬さでちょっと損をしているように感じます。ハイドンの弦楽四重奏の面白さを表現しきれていないもどかしさも残してしまいます。評価は[++++]とします。

さて、あっという間に月末ですね。

追伸:湖国JHさんありがとうございます。届きました!

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.33 冗談 古楽器

コメントの投稿

非公開コメント

No title

団体名が「アポニー」(って作品71&74のことじゃないですか・・・)で、演奏しているのが
「ロシア四重奏曲集」(作品33)とは、ややこしいですね!
でも、わが国には「エルデーディ」弦楽四重奏団もありますし・・・。ちなみにこの団体は
「エルデーディ」弦楽四重奏曲集をCD化しており、小生のワン・オブ愛聴盤集です。

Re: No title

だまてらさん、おはようございます。
確かに、このアルバム、事情がわかった方にはややこしいですね。
ご指摘のエルデーディ弦楽四重奏団、まだ未聴です。ちょっと探してみます。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ベートーヴェン紀尾井ホールショスタコーヴィチストラヴィンスキードビュッシーラヴェルピアノ三重奏曲ミューザ川崎オーボエ協奏曲LP協奏交響曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:39マーラーブルックナーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉告別交響曲90番交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡アレルヤひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番ラメンタチオーネ交響曲86番モーツァルトヴァイオリン協奏曲驚愕哲学者ニコライミサミサブレヴィス小オルガンミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹ライヴ録音SACDチェロ協奏曲交響曲19番交響曲81番古楽器交響曲80番交響曲全集交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり無人島騎士オルランドBlu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲9番交響曲11番交響曲10番交響曲12番太鼓連打ロンドン交響曲15番交響曲2番交響曲4番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31パレストリーナタリスモンテヴェルディアレグリバードすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季交響曲70番迂闊者ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードオフェトリウムドイツ国歌カノンモテット弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲107番変わらぬまこと交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
99位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ