【番外】初夏の小野、那須、会津、新潟−1

週末は土曜から母親と嫁さんと3人で二泊三日の小旅行にでかけました。母親が終戦前後に疎開していた福島の小野新町に行ってみたいとのことで、福島県小野新町を訪ねながらの温泉旅行を企画しました。母親の記憶を辿りながら、終戦のころ疎開していた場所がみつかるでしょうか。母親いわく「センチメンタル・ジャーニー」。粋な事を言うものです。

土曜は東京で朝から用事があったので、いつもの早朝発ではなく、東京を出たのが9時半ごろ。調布インターから高速に乗って、一路東北自動車道へ。東北道に乗るまでに首都高速が渋滞するかと思いきや、それほど混まずに東北自動車道にたどりつきました。東北自動車道に入っても途中すこし流れが悪くなることもありましたが、基本的にスイスイ進み、最初に休んだのが都賀西方パーキングエリア。

IMG_4708.jpg

宇都宮を過ぎてしばらくいったところが都賀西方。このとき11時過ぎ。意外と快調な滑り出しです。

IMG_4711.jpg

都賀西方で嫁さんが見つけて買ってきたのが、「レモン牛乳」なるもの。このあたりの名物だそうです。レモンフレーバーの牛乳です(笑) 目が覚めたところでドライブ再開。

那須インターが近づきますが、まだお昼前。この日は那須に宿を取ってあり、道が混むようであれば、小野新町巡りは翌日にする予定でしたが、幸いすいていたので、初日に行ってみようということになり、郡山まで東北道を北上し、磐越道で小野を目指す事にします。昼食は小野でと決めました。

IMG_4712.jpg

目的地は磐越道小野インター。車の中で、小野インターあたりの食事が出来る場所を探すと、名店情報がありました。ただ、那須から小野まで、1時間ほどと踏んでいましたが、意外に距離がありました。小野インターの直前、三春の桜で有名な三春パーキングエリアで一休み。磐越道のパーキングエリアはトイレ以外になにもありませんでした。

そして、小野インターについたのは13:30近く。お腹もペコペコです。先程車中で探し当てた店はこちら。

食べログ:仙台屋食道

小野インターを降りて、カーナビの指示どおり小野町の街中に入りますが、人気がありません。第一町民も発見できないほどで、ちょっと焦ります。インターから数分で仙台屋食道にたどり着きますが、お店の駐車場には車が一杯。このお店のまわりだけ、活気に溢れています。1台だけ空いたスペースに車を停めますが、入口に「本日は終了しました」と書かれた衝撃的な張り紙が。

慌てて、店員さんに3人は入れないかと確認すると、「3人だったら大丈夫」との一言。命拾いしました。この空腹で人気のない小野町に放り出されたら、命に関わります(笑)

お店の中は近くの学校の部活動帰りの女子学生で溢れていました。カウンター席だったらすわれるとのことで、カウンターに案内されます。

IMG_4718.jpg

事前に食べログで調べていましたので、違和感はありませんでしたが、このお店のメニューは「中華そば」のみ。普通盛りと大盛りは選べます。3人とも迷わず普通盛りを注文します。大勢の女子学生を待たせていたので、しばらく待つ覚悟はしていたのですが、何とあっという間に出てきます。女子学生さんより先に中華そばを出していただきました。ちょっと甘めのかつお出汁が効いたスープに、パスタを柔らかく煮込んだような食感の麺が絶妙。懐かしい味が脳の味覚中枢をダイレクトに刺激します。これは旨い。店員さんに聴くと今年で105年名にあたる歴史の長いお店とのこと。懐かしい中華そばですが、スープと麺に独自のこだわりがあっていい感じです。

IMG_4720.jpg

カウンター席の前には、以前「オノワングランプリ」なる催しで一等をとった時の十二単をまとったリカちゃん人形が飾られていました。

IMG_4721.jpg

お腹も満ちたところで、店員さんに、母親が終戦時の記憶をたよりに昔泊まっていた旅館と、その近くにあった旅館の名前を告げると、今でも一つはあるそうです。ということで、小野新町探索に向かう事に。お店の前で満足げな二人(笑)

IMG_4728.jpg

母親の記憶によれば、小野新町駅近くで、川が近くに流れていて、鉄道の鉄橋と踏切り、そして泊まっていたのは「カナヤマリョカン」。近くに「オオタリョカン」があったということで、事前にGoogleマップであたりをつけていた、小野新町駅より少しいわきよりのあたり。行ってみると、当時の記憶が蘇ったのか、この辺りとのこと。まずは「旅館太田屋」が道沿いにありました。この隣に「金山屋」があったそうで、今は更地になっていました。金山屋にしばらく泊まり、金山屋の向かいの家の女の子と一緒に小野新町小学校に通ったとのこと。向かいの家もありましたが人気がありません。

そして、ちょっと先に、鉄道の踏切と鉄橋、いまはコンクリートの橋となっていますが、記憶の中の橋と踏切がありました。

IMG_4722.jpg

ちょうど駅から少しいわきに寄ったところにある踏切。鉄橋も近くにあり、記憶が鮮明に蘇ったよう。踏切には作田踏切と書かれていました。東京とは異なり、吹く風が心地よく、あたりはまさに清々しい初夏の頃。

IMG_4724.jpg

ちょうど電車が通ったので記念にパチリ。

IMG_4725.jpg

あたりはにはアカツメクサがそこここに咲き誇っていました。

IMG_4727.jpg

踏切手前の川。終戦の頃と言えば1945年ですので、いまから68年前。川は所々綺麗に護岸工事がされていますので、流れは当時とはだいぶ違うかもしれません。母親も川の流れまでは覚えていないようでした。

しばらくあたりを散歩したあと、金山屋から通った小学校と近くの神社を探します。母親の記憶をたよりにあたりを車でまわりますが、今ひとつわかりません。駅前の看板の地図をみたり、カーナビを見たりしているうちに、駅から郡山側にしばらくいったところに小野新町小学校と塩竈神社があるではありませんか。

IMG_4736.jpg

カーナビをたよりに塩竃神社の前まで車を進めると、「ここ、ここ」。こんもりした丘を登る石段。石段の両脇の狛犬の石像が決め手だったようです。この辺りに「ホンテン」と呼ばれた旅館があり、そこにもしばらく泊まっていたそう。終戦前にはこの神社に空襲で爆弾が落ちたとのことで、あたりのお年寄りにでも確かめようかと思いましたが、街中には人もおらず、神社にいらっしゃった方も古い方ではなかったようで、この記憶は確かめられませんでした。

IMG_4746.jpg

塩竃神社の石段を少し上がったところろから小野新町を見下ろします。

IMG_4737.jpg

小野新町に疎開してしばらくで終戦を迎え、小野新町には1年もいなかったとのこと。疎開時は電車でたどり着き、帰りも電車。小学校時代の母親のおぼろげな記憶でしたが、68年振りに手繰る事ができたようです。今からは想像もできない厳しい時代の記憶。きっと懐かしさもほろ苦さもある時代を思い出したことでしょう。ちょっとは親孝行できましたかな。



さて、初日からこの旅のミッションを果たすことができましたが、小野から那須まで戻らなくてはなりません。小野インターから再び磐越道に乗り、郡山経由で那須まで戻ります。小野から郡山まで、途中もの凄い豪雨に襲われますが、一瞬で雨雲は過ぎ、郡山以南はお天気でした。那須インターを降りて那須岳の方へグイグイ登ります。那須サファリパークの奥の別荘地の中に立つひっそり建つ宿。今日の宿は、珍しく旅館ではなくオーベルジュ。嫁さんがネットの情報で探した宿。

ゲストイン悠香里(ユーカリ)

幸い予定どおり夕方5時前にはチェックインできました。この宿、フランス料理と温泉が楽しめるということ。一番のりでしたので、早速温泉でドライブの疲れを癒します。

IMG_4749.jpg

温泉は那須らしい、硫黄臭がするわずかに白濁したお湯。温度は温めでゆっくり浸かれます。窓から夕方の光を感じながら、お湯にゆったり浸り、硫黄の香りを楽しみます。

IMG_4750.jpg

風呂から上がって部屋から外を眺めると、うっそうとした緑が目に飛び込んできます。風はさわやか。お風呂の火照りを冷ますのにちょうどいい。

IMG_4760.jpg

メニューはこちら。創作フレンチというふれこみ。この宿、ご主人と奥さんの家族経営。ご主人はフレンチレストランなどで働いていたようです。料理は奥さんとお子さんたちが運んでくれます。お子さんも料理の説明までちゃんとしてくれてて微笑ましい。気取らないスタイルがいいですね。こちらも気取らず親子連れですので。

IMG_4754.jpg

最初はサラダとサーモン。地元野菜のしゃきしゃき感がポイントでしょう。

IMG_4756.jpg

つづいてフォアグラとペコロス。餃子の皮のようなものに包まれたフォアグラ。かむとフォアグラの香りが口の中に広がります。

IMG_4757.jpg

そしてこの宿の名物らしい、翡翠麺。フレンチ風の味付けでさっぱり戴けます。これはなかなか。

IMG_4758.jpg

そして那須牛のステーキ。意外とボリュームがあり、食べ応えがありました。ソースと塩味がもうすこしパンチがあった方が肉の旨味が活きるかもしれませんね。

IMG_4762.jpg

そしてデザート。どのお皿も盛りつけが本格的。この日は3人でフレンチの赤(カベルネ&メルロー)を一本頼みましたがこれもリーズナブル。

IMG_4766.jpg

お腹も一杯になって、最後のカフェオレなどを頼みます。移動距離の長い一日でしたが、この旅のメインミッションも既に果たしましたので、あとは食事と温泉などを楽しむ旅が続きます。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : 温泉

コメントの投稿

非公開コメント

お天気大丈夫でしたか?

こんばんは。
いつも記事を楽しませて頂いています。笑顔のお二人が素敵ですね。
私は関西なので、出てくる地名や温泉、名物など珍しい?ものばかりで、より想像が豊かになります(^^)

最近レビューを参考にしながら持ちCDを聴き直しています。鍵盤楽器はそんなにキーンではなかったのですが、なかなか、、(^^)

Re: お天気大丈夫でしたか?

sifareさん、コメントありがとうございます。
天気は初日に車中で豪雨にあった他は穏やかないい天気続きでした。すでに梅雨入り後でしたが、幸いってん気には恵まれました。
こちらは東京生まれの東京育ち故、当然関西には詳しくありません。関西にもいい温泉や美味しものがたくさんありそうですのでそのうちトライして見たいですね。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

モーツァルトチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲86番十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲10番交響曲9番交響曲11番交響曲12番ヒストリカル太鼓連打ロンドン交響曲2番古楽器交響曲15番交響曲4番交響曲37番交響曲18番交響曲1番ひばり弦楽四重奏曲Op.54SACDピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:2LPライヴ録音ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:3天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲102番軍隊交響曲99番時計奇跡交響曲95番交響曲98番交響曲97番交響曲93番驚愕ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35フルート三重奏曲ロッシーニオーボエ協奏曲ドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ミューザ川崎ストラヴィンスキーシェーンベルクマーラーチェロ協奏曲東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:318人のへぼ仕立屋に違いないファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26パレストリーナモンテヴェルディアレグリバードタリスすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6告別美人奏者ピアノソナタXVI:39四季交響曲70番迂闊者アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンベートーヴェンシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲80番ラメンタチオーネ交響曲67番哲学者ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:52交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:23アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出弦楽四重奏曲Op.64ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹時の移ろい交響曲42番無人島ベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55王妃交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲79番交響曲81番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードモテットオフェトリウムドイツ国歌カノンスタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生ピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲108番変わらぬまこと交響曲62番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
158位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
9位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ