【番外】初夏の小野、那須、会津、新潟−3

この旅三日目の朝。嵐渓荘で目覚めると同時に水を一杯飲んで温泉に向かいます。昨夜は大浴場に入りましたが、朝は露天の石湯へ。少し温めですが、やはり風が気持ちいいですね。しばらくゆったりお湯につかってのんびり。露天の脇のエゴノキの花びらがそこここ落ちていい風情。

風呂からあがって身支度などしながら朝食の時間を待ちます。朝食は昨夜と同じく別に食事が用意された部屋でいただきます。

IMG_4838.jpg

朝食も前回同様、温泉で炊き込んだおかゆや山菜、茶碗蒸しなど。おかゆは塩分の濃い温泉で炊き込んでいるのでまろやかな塩味があってこれが美味しい。量も適量、いろいろなものの微妙な味の変化が楽しめていい朝食です。

IMG_4836.jpg

部屋に戻って守門川を見ると工事用のパワーショベルやダンプカーが忙しく行き来しはじめました。そう、この日は月曜日です。洪水の爪痕を直すため、護岸工事が急ピッチで進んでいるようですね。

ちょうど9時半を回ったところで宿の売店でお土産など買って、チェックアウト。嵐渓荘の庭には色とりどりの木々が花を咲かせていて、これだけでも楽しめます。ひめさゆりに鉄線、アヤメ、ヤマボウシなど初夏の美しい花々がそこここに咲いています。

IMG_4842.jpg

こちらは駐車場脇のエゴノキ。先程露天風呂の脇にあったものと同じ木。

IMG_4850.jpg

そして、前庭にあるアヤメでしょうか。紫と白のコントラストが美しいですね。

今回も嵐渓荘は満足の一泊でした。ロケーションよし、料理よし、温泉よし、そしてヒメサユリをはじめとして美しい花の数々。日頃の疲れを癒すことができました。体力を心配した母親も楽しく過ごすことができたようで何よりです。



宿を後にして、本来ならば近所のクラヴィコード製作者の高橋さんのところをたずねる予定でしたが、昨夜の連絡でキャンセルとなったため、嵐渓荘のある旧下田地区の名所を回ってみようということに。

IMG_4853.jpg

下田(しただ)は漢学の里とよばれていますが、それは大修館の大漢和辞典全15巻を75年かけて完成させた諸橋轍次博士の生まれ故郷だからとのこと。母親は以前、目の不自由な方向けに朗読のボランティアをしていたので、漢和大辞典には親しみがあるのでしょう、「諸橋先生にはお世話になったので、記念館に行ってみましょう」と、一歩踏み込んだ姿勢(笑)。それではということで、漢学の里の看板を目印に、諸橋轍次記念館に向かいます。

諸橋轍次記念館 - 三条市

iPhoneで開館時間をしらべて9時からやっていることは確認しましたが、大事なポイントが抜けてました。この日は月曜日。博物館、記念館にありがちな月曜は休館日でした。残念。

ということで、向かいの道の駅 漢学の里しただに方向転換。こちらはやってましたので、地元の野菜やら花やらを少し買って、一休み。あたりは田植えをしてしばらくした田んぼ。

IMG_4854.jpg

やまなみロードの入口付近から名勝八木ヶ鼻を望みます。実にのどかでいい雰囲気。こののどかな雰囲気をより楽しもうと、先程道の駅の前にあった地図に「北五百川の棚田」というのがあったのが気になっていたので、こちらも行ってみようということに。棚田を見に行くのはバリ島ウブドゥ以来(笑)

IMG_4856.jpg

棚田の近くに行っても一向にそれらしい雰囲気になりませんが、車でグルグル回っていると、「棚田歩行者入口」という看板を見つけました。その近くに車をおいて、農業用の坂道をてくてく登っていくと、ありました!

IMG_4858.jpg

あいにくこちらも農道の工事中で最上部まで上がれませんでしたが、母親の体力を考慮するとちょうどいいところまで上がり、田植えを終えたばかりの棚田を望む高台を楽しむ事ができました。

IMG_4861.jpg

写真やテレビで見るのとは異なり、実際の棚田は、草の香りと、田植えの大変さが想像できるリアルなものでした。張られた水の中をよく見ると、いますいます、オタマジャクシがわんさか! アメンボやゲンゴロウなども沢山。東京の狛江あたりも昔は田んぼが沢山あり、同じような風景が広がっていましたが、今の東京でこうはいきません。オタマジャクシの大群を見ながらここでものんびり。気持ちのいいそよかぜを感じながらの棚田見物でした。

IMG_4864.jpg

最後は名勝八木ヶ鼻の守り神、崖の麓にある八木神社へ。ここもこの一角だけ杉がうっそうと茂り、古くからの氏神様という風格がただよう構えでした。

IMG_4868.jpg

帰りの旅の安全を祈り、お賽銭をチャリン。何となく下田詣でを終えた気分になり、この旅の帰途につきます。あとは昼食をどこで戴くかですが、関越を通って東京に帰るとなると、越後湯沢のいつものところに寄らざるを得ませんね。



やまなみロードから栃尾、守門を経由して小出に出て、関越道に乗って湯沢インターで一旦降ります。向かったのはもちろんこちら。

IMG_4873.jpg

ピッツェリア ラ・ロカンダ・デル・ピットーレ岩原

この辺りに来る時には必ずと言っていいほど寄っているお気に入りのイタリアン。ついたのは13時頃でしたが、平日にも関わらずかなりの賑わい。あいかわらずの人気です。

IMG_4874.jpg

やはり、ここに寄らなくては旅がおさまりません。いつものようにオススメメニューを書いた黒板がやってきます。この時期はアスパラなどの野菜を使った品がオススメのようですね。

IMG_4875.jpg

とりあえず、私はノンアルコールビールで喉を潤します。嫁さんはノンアルコールのモヒート。ミントの香りが広がります。そしてなんと母親は生ビール。まだ戦闘力十分です(笑)

IMG_4877.jpg

そしてピットーレといえば、こちら。イカをワタごと窯で焼いたもの。行者ニンニクも効いてます。あとでパンに旨味の出たオイルをつけて食べるとこれまた美味。濃厚な味の一品。

IMG_4880.jpg

パスタは、こちらも行者ニンニク入りのリガトーニとフジッリのコンビネーション。こちらは爽やかな味。

IMG_4881.jpg

そして、ピットーレの名物石窯で焼いたピッツァはアスパラスペシャル。初夏ならではの組み合わせですね。卵のまろやかさと生ハムの塩気、アスパラのしゃきしゃき感がえも言われぬ組み合わせ。この季節はこれに限ります。やはりピッツァはピットーレならではの味。

IMG_4884.jpg

最後に珈琲等をたのんで締めます。目の前の岩原スキー場には山菜摘みと思われる人影がちらほら。スキー場ですが初夏にも楽しみがあるのですね。

お腹も一杯になってあとは帰るのみですが、ここに来たら一風呂入りたくなります。いつもの山の湯にいけばいいのですが、以前から時間が合わずに未踏となっていた、越後湯沢駅前の民間の共同浴場、江神温泉共同浴場へ行ってみる事に。

IMG_4886.jpg

越後湯沢駅の東口の目の前にある共同浴場ですが、営業時間が午後1時からということで、以前は時間が合わずに目の前まで来ながら入れなかった共同浴場。幸い人がいなかったため、浴室をパチリ。入ると温度は比較的温めで40度くらいでしょうか。温泉は越後湯沢の透明の温泉でかすかに卵臭がするもの。循環のようで塩素臭もわずかにしますが、気になるほどではありません。ここのいいのは清掃が行き届いて隅から隅までピカピカなこと。新しい施設ではありませんが、この維持管理は立派です。お湯にゆったりつかって帰りの運転の英気を養います。

これで越後湯沢の主立った共同浴場はほぼ制覇しましたが、やはり一番は山の湯、つぎはこの江神共同浴場としてもいいのではないかと思います。駒子の湯は観光客向けの循環でいまひとつ。あとは旅館高半の新鮮なお湯が記憶に残る良さでした。

この旅最後のドライブは湯沢インターから自宅まで。途中高坂サービスエリアで一休みしましたが、基本的に渋滞なく東京に無事帰着することができました。八木神社のご利益がありましたでしょうか(笑)

今回の「センチメンタル・ジャーニー」、今まで一度も聞いた事のなかった母親の疎開時代のことを聞けたと言う意味では私にとっても想い出深い旅になりました。私たち夫婦だけだったら、朝から晩まで日帰り温泉巡りというのが常套ですが、温泉も入り、観光地も適当に楽しみ、なにより、ゆったりとした旅程でのんびりと旅をすることができたのは大きな収穫。母親が元気なうちに、行きたいところにまた旅に出たいと思います。

そろそろハイドンのレビューに戻らないと、、、(笑)

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : 温泉

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

古楽器ラメンタチオーネアレルヤ交響曲3番交響曲79番チェロ協奏曲1番オックスフォード驚愕交響曲88番交響曲19番交響曲58番交響曲27番アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールラヴェルストラヴィンスキードビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎LP協奏交響曲オーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ブルックナーマーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヒストリカル交響曲90番告別交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番モーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲80番交響曲全集交響曲81番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島Blu-ray東京オペラシティ交響曲9番交響曲12番交響曲11番交響曲10番ロンドン太鼓連打交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4バードタリスアレグリパレストリーナモンテヴェルディすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムモテットドイツ国歌カノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ