ドーリック弦楽四重奏団のウィグモアホールライヴ

実に久しぶりの弦楽四重奏曲。未聴盤ボックスからようやく脱出です。

DoricSQ.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS / iTunes
icon

ドーリック弦楽四重奏団(Doric String Quartet)の演奏による、ハイドンの弦楽四重奏曲 Op.9のNo.4、Op.50のNo.2、Op.76のNo.1の3曲を収めたアルバム。収録は2009年1月15日、ロンドンのウィグモアホールにおけるライヴ。レーベルはWIGMORE HALL LIVE。

ドーリック弦楽四重奏団は1998年、イギリス、サフォークで開催されていた「若い音楽家のための夏期ミュージック・スクールの室内楽コース」をきっかけとして結成されました。2002年からパリでアルバン・ベルク四重奏団、アルテミス四重奏団、ハーゲン四重奏団、ラサール四重奏団のメンバー等によるプロ演奏家のためのトレーニングコースに参加して腕を磨きました。その後もハーゲン四重奏団のライナー・シュミットについてバーゼル音楽アカデミーで学びました。2000年に開催された、ブリストル・ミレニアム弦楽四重奏コンクールで第1位、2007年に開催されたメルボルン国際室内楽コンクール弦楽四重奏部門で入賞、2008年に大阪国際室内楽コンクールで1位、イタリアのパオロ・ボルチアーニ国際弦楽四重奏コンクールで2位となるなど、現在のヨーロッパにおける実力派若手クァルテットのといったところでしょうか。現在のメンバーは次のとおり。

第1ヴァイオリン:アレックス・レディントン(Alex Redington)
第2ヴァイオリン:ジョナサン・ストーン(Jonathan Stone)
ヴィオラ:サイモン・タンドリー(Simon Tandree)
チェロ:ジョン・マイヤースコウ(John Myerscough)

このアルバム、ハイドンの弦楽四重奏曲の3曲を収めていますが、組み合わせはかなり珍しいもの。最初にOp.9からくるあたり、ちょっとこだわりを感じます。

Hob.III:22 / String Quartet Op.9 No.4 [d] (c.1769-70)
奏者の息づかいが鮮明に録られた雰囲気のあるライヴ。厳かにはじまり、丁寧すぎるくらいデュナーミクを積極的にコントロールして、フレーズごとに濃い表情をつけていきます。楽天的な印象はなく、かなりストイックな姿勢。第1ヴァイオリンは軽めの音色で、非常に軽やかに音階を刻んでいきます。重厚な伴奏に軽やかなヴァイオリンという構図。曲自体を研究し尽くしたような演奏。やはりコンサートの開始はこの曲でなくてはならないのでしょう。シュトルム・ウント・ドラング期のハイドンの特有のほの暗さをもった曲ですが、かなり磨き混んで深い陰影をつけていきます。
基本的にネクラな印象の演奏ですが、メヌエットは彫りがすこし浅くなり、明るい光がさっと刺したような輝きがあります。表情のちょっとした変化に敏感にさせられる演奏。やはり弱音部を丁寧に引き込んでいきます。
3楽章がアダージョ・カンタービレ。全奏者の演奏スタイルが良くそろっており、前楽章までの特徴を全員が共有しています。ヴィオラやチェロもヴァイオリンに負けず表情が豊かなので、アダージョは聴き応えがあります。クッキリと言う表現はちょっと違い、メロディーをじっくり料理していく感じです。この楽章の終盤の孤高の感じ、このクァルテットの音楽のポイントでしょう。
フィナーレは緩急の変化を変化をかなり鮮明につけた個性的な解釈。ここまで踏み込んだ表現は最近では珍しいですね。会場からは割れるような拍手で迎えられます。

Hob.III:45 / String Quartet Op.50 No.2 [C] (1787)
続いて、だいぶ時代が下って、Op.50プロシア四重奏曲集からNo.2。やはりじっくり丁寧なアプローチ。この曲もだいぶ研究した上での演奏に聴こえます。ひとつひとつのメロディーをどのように演奏するかじっくり考えて、ユーモラスな曲を丁寧に描いていきます。ひとりひとりのデュナーミクの起伏が大きいのですが、良く歌うというより、他の奏者の音をよく聴いて、音を上手く重ねながら演奏している感じ。ヴァイオリンのみ鋭い音色を聴かせるのが特徴なんでしょう。
アダージョは細めのヴァイオリンの張りつめた凛とした美しさが印象的。ハイドンの美しい曲の儚さが強調されて、ガラス細工のような繊細な輝きをもった演奏。かなり自在なボウイングでじっくりと美しい旋律を描いていきます。
メヌエットは実にユニークな曲調。このクァルテットの選ぶ曲に共通する曲調がわかってきました。HMV ONLINEの解説を見ると、この曲をかなり得意としているよう。間を活かしたユーモラスさが彼らの演奏で強調され、ハイドンのアイデアが実によく引き立ちます。
フィナーレも同様、ハイドンの創意に満ちた曲の面白さが強調されます。絡み合う音階の綾と美しいメロディーの交錯。実に軽いタッチで千変万化する曲想をこなしていきます。最後はしっかり盛り上がりますが、すっと消え入るようなフィニッシュも見事。この曲の本質的な面白さをこの演奏に教えられました。

Hob.III:75 / String Quartet Op.76 No.1 [G] (1797)
最後は晩年の名曲。この夜の演奏会はハイドンの弦楽四重奏曲の成熟の歴史を体験するような流れ。前曲までの演奏からもう少し線が細い演奏を想像していましたが、かなりしっかりとした厚みのあるアンサンブル。演奏が進み温まったのか、曲事のアプローチの違いかは判然としませんが、アンサンブルの緊密度が高まったのは確か。聴き慣れたメロディーがいつもより陰影が濃くついて聴こえます。迫力や推進力で聴かせる演奏ではありませんが、ライヴらしい変化に富んだアンサンブルの面白さを聴く演奏でしょう。なぜか引き込まれる実に玄人好みの演奏。1楽章はぐっと集中度の高い演奏。
つづくアダージョ・ソステヌートはボウイングにかなり明解に隈取りをつけて、クッキリとメロディーラインを強調します。聴き慣れたメロディーですが、表情は驚くほど豊か。不思議とくどさはなく、芸術性の高さが印象に残ります。音や響きを合わせるのではなく、音楽が合っている感じ。実に複雑なアンサンブル。間と静寂も効果的。明らかに集中力が上がってきて、ビリビリきます。この緊張感、聴いていただきたいですね。
メヌエットに入ると、鬼気迫る迫力。俊敏さとエネルギーの噴出が素晴しい。それだけでなくリズムの跳躍、響き渡るピチカート、変化するテンポ。ホール内がドーリック弦楽四重奏団の演奏の迫力にのまれています。
フィナーレもエネルギーに満ちた演奏なんですが、逆に前楽章の緊張を鎮めるように流す感じもあります。起伏を前楽章より抑え気味にしているところはいいセンス。後半に入ると、やはりギアチェンジして、徐々にクライマックスに向けて力が漲ってきます。途中に水を打ったような静けさを挟むあたりも流石、ドーリック弦楽四重奏団の名演奏に会場は釘付け。これは事件のようなライヴです。ホールは拍手とブラヴォーと驚きのようなどよめきに包まれます。

Hob.III:44 / String Quartet Op.50 No.1 [B flat] (1787)
アンコールにOp.50のNo.1のフィナーレ。アンコールにいつも弾いているのでしょうか、安心して聴けるハイドンの機知に溢れた曲。ドーリック弦楽四重奏団の魅力が詰まった演奏。普通に終わったかのような大拍手を一旦受けますが、実は終わっていないというパフォーマンス付き。観客もドーリックに見事にやられ、会場からは笑いも溢れます。いやいや、実に素晴しいコンサートでした。

最初のOp.9を聴いたときには、ちょっと表情の濃い演奏をする人たちだとの印象でしたが、聴き進むうちに、ドーリック弦楽四重奏団のスゴさがわかってきました。ぐんぐん調子が上がり、ホールの観客を釘付けにする素晴しい緊張感。弦楽四重奏のコンサートでこれだけの極度の緊張感に溢れた演奏は聴いた事がありません。この日の聴衆は事件に出会ったような衝撃を受けたことでしょう。ハイドンの弦楽四重奏曲の真髄の髄をつく素晴しい演奏。弦楽四重奏好きの方、必聴です。評価は1曲目のOp.9は[++++]、残りはもちろんすべて[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.9 弦楽四重奏曲Op.50 弦楽四重奏曲Op.76 ライヴ録音 ハイドン入門者向け

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ブルックナーマーラーサントリーホールヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉LP交響曲97番告別交響曲90番交響曲18番アレルヤ交響曲99番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番交響曲86番ラメンタチオーネモーツァルトヴァイオリン協奏曲ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:32ベートーヴェン驚愕哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹SACDライヴ録音チェロ協奏曲交響曲80番交響曲81番交響曲19番交響曲全集古楽器交響曲21番マリア・テレジアピアノソナタXVI:20クラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり無人島騎士オルランドBlu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲10番交響曲12番交響曲9番交響曲11番太鼓連打ロンドン交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:4天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:7ドニぜッティライヒャオーボエ協奏曲ロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ストラヴィンスキーミューザ川崎シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26タリスモンテヴェルディアレグリバードパレストリーナすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:39美人奏者四季迂闊者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番協奏交響曲DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノ三重奏曲日の出ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードカノンドイツ国歌モテットオフェトリウムスタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番変わらぬまこと交響曲107番交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
9位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ