リンゼイ四重奏団のOp.77、Op.103

今日はコレクションの穴埋めで最近手に入れたアルバム。

Lindsays77.jpg
TOWER RECORDS / iTunesicon

リンゼイ四重奏団(The Lindsays)の演奏による、ハイドンの弦楽四重奏曲Op.77のNo.1、No.2、Op.42、Op.103の4曲を収めたアルバム。収録は2004年1月20日から22日にかけて、イギリス中部のシェフィールドの北にあるウェントワース(Wentworth)という街の三位一体教会(Holy Trinity Church)でのセッション録音。レーベルは英ASV。

リンゼイ四重奏団の演奏は以前に一度取りあげています。演奏者の紹介はこちらをご覧ください。

2010/12/20 : ハイドン–弦楽四重奏曲 : 【年末企画】リンゼイ四重奏団の弦楽四重奏曲Op.20「太陽四重奏曲」

前記事を読んでいただければわかるとおり、ちょっと癖のある演奏をするクァルテットですが、私は気に入っています。リンゼイ四重奏団にはかなりの量のハイドンの弦楽四重奏曲の録音があり、手元にもかなりのアルバムがあるのですが、まだ数枚未入手盤があります。このアルバム、先日ディスクユニオンの店頭で見かけて、すかさず手に入れたもの。コレクションの穴となっているアルバムに店頭で出会うのは実に嬉しいものです。

今日取り上げるアルバムは2004年の録音。彼らは2005年に解散していますので、解散目前の時期の演奏。しかもハイドン最後の作品であるOp.103を含むということで、彼ら自身にとっても思い入れのあるアルバムなのではないでしょうか。

第1ヴァイオリン:ピーター・クロッパー(Peter Cropper)
第2ヴァイオリン:ロナルド・バークス(Ronald Birks)
ヴィオラ:ロビン・アイルランド(Robin Ireland)
チェロ:バーナード・ グリゴア=スミス(Bernard Gregor-Smith)

Hob.III:81 / String Quartet Op.77 No.1 [G] (1799)
独特の力感と弾力がある響き。いかつい顔のピーター・クロッパーが丁寧に弓を操る姿が目に浮かぶような演奏。基本的にインテンポでグイグイ推進していきます。録音は教会の空気感をとらえた鮮明なもので、教会での録音ということで想像されるほど残響は多くなく、ちょうどいいもの。かなりオンマイクで録っているように聴こえます。ちょっと黒光りするボディービルダーの肉体のように筋骨隆々としたハイドン。チェロやヴィオラが雄弁なことと、微妙に溜めをつくっているのでそう感じるのでしょうか。
つづくアダージョは奏者それぞれのメロディーラインがくっきりと浮かび上がり、それぞれの丁寧なボウイングが印象的。ヴァイオリンのピーター・クロッパーの音程が微妙に揺らぐのが少し気になります。
メヌエットはこれまでの流れの延長で力感溢れる演奏ではあるのですが、良く聴くとすこし枯れた感じもあるのが味わいにつながっています。フィナーレに入るとフレーズのひとつひとつをしっかりと描いていくので、複雑にからまる音符をわかりやすく解きほぐしながら演奏しているよう。最後に向けての盛り上げ方はライヴさながらの迫力。ヴァイオリンの速い音階のキレは流石です。

Hob.III:82 / String Quartet Op.77 No.2 [F] (1799)
息の合ったクァルテットらしく、演奏の安定感は素晴しいものがあります。前曲同様、音楽の骨格をしっかりと感じさせながら、弱音部の扱いも非常にデリケート。このクァルテット独特の音感を感じさせます。武骨な感じがあるのにデリケートな一面もあり、弦楽四重奏の面白さ、演奏の個性というものを考えさせられます。この曲では2楽章がメヌエットで、速めの舞曲という感じで颯爽と進めますが、中間部の弱音の演奏で思い切った音量ダウンとスタイルチェンジでハッとさせ、後半の鮮やかなキレを引き立てるあたりは演出上手。つづくアンダンテも耳をそばだてたくなるような軽いタッチを際立たせ、この曲の展開の面白さ、深み、ウィットを実に上手く表現していきます。アンダンテでスイッチが入ったのか、フィナーレは音楽が活き活きと弾み、アンサンブルの集中度も一段上がり、リンゼイ四重奏団の魅力が炸裂します。

Op.42はスキップして、ハイドン最後の作品へ。

Hob.III:83 / String Quartet Op.103 [d] (before 1803)
やはり、力感が特徴のリンゼイであっても、この曲では力を少し抜いて、枯れた印象を感じさせます。丁寧なフレージングはそのままに、流すようなイメージの弓運び。曲のそこここに仕掛けられたハイドン独特の創意を上手く拾って、表情を与えていきます。フレーズ毎の演出の巧みさはハイドンの曲に精通したた彼らならではのもの。1楽章も最後に至るところではきっちり決めてきます。
ハイドン最後の楽章は鬼気迫るメヌエットですが、八分の力で曲をなぞるような演奏。抑えながらもクッキリ表情をつけてくるあたりは流石です。最後になって彼らの丁寧なフレージングの良さが印象的。しっかりとした響きで毅然と終わります。この2楽章を書いたあと、筆を置き、ハイドンが「我が力すでに萎えたり、齢をかさね、力、衰えぬ」と歌詞をつけた歌をそえて、最後の作品として出版された話は有名ですね。リンゼイ四重奏団の演奏は、ハイドンが自身の創造力の陰りを知り、力を残して筆をおいたとように感じる演奏でした。

久々に聴いたリンゼイ四重奏団のハイドン。最近いろいろなクァルテットのハイドンを聴いて、ハイドンの弦楽四重奏の演奏の表現の多様さを認識するなか、彼らのアプローチはオーソドックスながら、個性ある表現の面白さを再認識した次第。武骨さもありながら繊細さもあるという、彼らの個性、ハイドンの弦楽四重奏曲の面白さをしっかり伝えていると思います。評価は最初のOp,77のNo.1が[++++]、それ以外の曲は[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.77 弦楽四重奏曲Op.103

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ベートーヴェン紀尾井ホールショスタコーヴィチストラヴィンスキードビュッシーラヴェルピアノ三重奏曲ミューザ川崎オーボエ協奏曲LP協奏交響曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:39マーラーブルックナーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉告別交響曲90番交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡アレルヤひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番ラメンタチオーネ交響曲86番モーツァルトヴァイオリン協奏曲驚愕哲学者ニコライミサミサブレヴィス小オルガンミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹ライヴ録音SACDチェロ協奏曲交響曲19番交響曲81番古楽器交響曲80番交響曲全集交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり無人島騎士オルランドBlu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲9番交響曲11番交響曲10番交響曲12番太鼓連打ロンドン交響曲15番交響曲2番交響曲4番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31パレストリーナタリスモンテヴェルディアレグリバードすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季交響曲70番迂闊者ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードオフェトリウムドイツ国歌カノンモテット弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲107番変わらぬまこと交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
12位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ